RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
アンビリーバブル (IT'S ALL ABOUT LOVE)
0
    鑑賞日:2007/3/29

    レンタル店で、パッケージの解説を読んで、引かれる内容だったので、借りてみましたが・・・・
    内容は、よくわかんないし、2〜3日ほど前に見たのですが、既にストーリーすら忘れつつあります。

    近未来のお話で、有名なフィギュアスケーターを妻に持つ、主人公。
    その妻に離婚の書類にサインをしてもらう為、妻の住む町の空港で、待ち合わせするが、空港には、妻は来ていなかった。
    アンビリーバブル


    代理人が来ていて、奥さんは来れないが、会いたがっている。
    サインをもらうだけのつもりだったので、空港から出ないつもりだったが、奥さんの所まで、いく事に・・・

    で、その後、奥さんと会って、主人公が死ぬまでの7日間が描かれています。

    途中、愛を無くすと死んでしまう人や空を飛んでしまう人・・・、何か幻想的な世界観で、意味合いが理解できると面白いのかも知れませんが、私にはさっぱりな映画でした。


    人気blogランキングへ

    さわり
    監督:トマス・ヴィンターベア
    出演:ホアキン・フェニックス
        クレア・デインズ
        ショーン・ペン


    近未来の地球では様々な異常現象が起こっていた。世界の中心地ニューヨークも例外ではなかった。教師のジョンと国際的に有名なアイススケート選手エレナの結婚生活はエレナの知名度のせいで破綻する。ジョンは離婚するためにエレナのいるニューヨークへと向かう。しかし、到着したジョンはエレナの周りで不可解な出来事が起こっていることに気づく。エレナもまた自分に危険が迫っていることを警告される。死んだと思っていた愛は再び燃え上がり、ジョンはエレナを運命から救おうとするが…。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ



    | サスペンス | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    もしも昨日が選べたら (CLICK)
    0
      鑑賞日:2007/3/26

      いやー、大分、サボりました。
      といっても、映画らしい映画を、ここのところ見てなかったので、書けなかったってのも、あります。

      エヴァンゲリオンを何度か、見てみたり、劇場版も借りてきたりして・・
      後、釣りのHOWTOビデオだったりで、ここにあんまり適さないDVDが多かったので、書かずにいたら、どんどん遠のいていってしまって・・
      もしも昨日が選べたら

      と言い訳は、これぐらいで(^^;、本日は、「もしも昨日が選べたら」。
      元名は、「CLICK」なのですが、変な邦題ですね。

      内容的には、偶然、何でも操作できるリモコンを手に入れて、人生早送りしたら、トンでも無い事になってしまうって、ちょっと簡略しすぎですが、そんな内容でした。

      前半、何かよくないなって感じてたんですが(何がよくないかはわかりません。感性に合わなかった?)、後半から割と良い感じに、盛り上がってきて、それなりに楽しめる映画になってました。

      コンセプトは、出世やお金よりも家族が大事ってのだと思いますが、丁度、「天使のくれた時間」と似てるかなって思います。
      内容が似ているわけでは無く、コンセプトがですが。

      後、出演者が若い時から年取るまでの特殊メイクを施されていて、何気ないですが、お金と時間は、結構、掛かってるんだろうなって思います。(笑)


      人気blogランキングへ

      さわり
      監督:フランク・コラチ
      出演:アダム・サンドラー (マイケル・ニューマン)
          ケイト・ベッキンセイル (ドナ・ニューマン)
          クリストファー・ウォーケン (モーティ)
          デヴィッド・ハッセルホフ (エイマー)
          ヘンリー・ウィンクラー (テッド・ニューマン)


      日常生活を自在に操れるリモコンが手に入った!そんな幸運に巡り合った主人公のマイケルは、面倒な仕事の時間を早送りし、美女とすれ違う瞬間はスローモーション。うるさい妻にはリモコンを向けて「ミュート」にしてしまう。やがて特殊機能を使い、過去や未来にも行くマイケルは、ないがしろにしていた家族の絆を思い知ることに。シモネタを含めた爆笑ネタの末にホロリとさせる、アダム・サンドラーの真骨頂が発揮された作品。
      (Amazon.co.jp で続きを確認)

      ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
      人気blogランキングへ



      | ドラマ | 23:42 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
      新世紀エヴァンゲリオン Vol.3-8
      0
        鑑賞日:2007/3/8-14

        先回、Vol.1、2を見て書いた「エヴァンゲリオン」。
        今回は、Vol.8まで、全部見てみました。
        ・・・・・・・が、意味がちょっとわかんなかったです。(^^;

        話は、2000年にセカンドインパクトという何事かは、よくわかんないけど、人類が滅びるほどの大惨事が起きます。
        その後、復興しつつある2015年を中心に物語が、構成されています。
        NEON GENESIS EVANGELION vol.08

        で、よくわかんなかったので、インターネットで調べてみました。
        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に載ってました。

        何やら、「制作が間に合わなくなり第25話と最終話の2話は一転、それまでのストーリーとは断絶した主人公の内面世界の物語として描かれた。」とあるので、端折ったのでしょうか?

        とにかく、疑問だらけで、漫画本を見ると理解できるのでしょうか?
        本当は、こんな疑問だらけで、記事書こうか迷ったのですが、ここのところ「エヴァンゲリオン」ぐらいしか見てないので、書かないと何も書く事無いんですよね。(^^;

        といった事で、映画版とかもあるみたいなので、まだまだ、「エヴァンゲリオン」探しは、行うと思います。(笑)

        あっ、そうそう、たまにエッチなシーンとかもあるし、戦闘シーンとかも少しエグイ感じなので、もしかして、TVでは、表現が押さえられていて意味不明になっているのかなって気もしました。

        追加:
        記事をアップ後、もう少しフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を読んでみました。
        漫画本の方が、特に原作と言う訳でも、無さそうですね。

        人気blogランキングへ

        さわり
        監督:庵野秀明
        声優:緒方恵美 (碇シンジ)
            三石琴乃 (葛城ミサト)
            山口由里子 (赤木リツコ)
            林原めぐみ (綾波レイ)
            宮村優子 (惣流・アスカ・ラングレー)


        一大ムーブメントを巻き起こした大人気アニメシリーズのDVD化最終巻。シンジは自分自身の存在意義に苦悩するうちに、次第に自分の妄想の中へと引きこもってしまい…。第25話「終わる世界」と、第26話「世界の中心でアイを叫んだけもの」を収録する。
        (Amazon.co.jp で続きを確認)

        ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
        人気blogランキングへ



        | アニメ | 20:54 | comments(0) | trackbacks(6) | - | - |
        コンセプチュアル特殊メイク入門
        0
          ルアー作りの参考の為に、購入したのですが、一応、こちらでも紹介。

          パッと見た感じでは、映画とどう関係するのか、不思議に思われる方もいるかと思いますが、「リング」や「らせん」等の作品でも使われている特殊メイクと言う事で、私は、知らない方なのですが(^^;、「ジャパニーズホラー」を世界に押し上げた立役者「松井祐一氏」のインタビューが載っていました。

          よく考えれば、当たりませなのですが、映画で使う特殊メイクの手法を紹介した本でした。
          コンセプチュアル特殊メイク入門

          最初は、ドール(人形つくり)のお店で売っていたので、てっきり、人形にメイクする技術を記載した本かと思いました。(^^;

          この本一冊で、特殊メイクが出切るようになるかというと、残念ながらそこまでは無理でしょうが、(元々特殊メイクで必要の知識が多すぎるので)、写真も豊富で、割と細かい部分まで記載されているので、映画製作に携わっている方には、参考になるんじゃないかなって、思いました。

          特殊メイクって事で、体(主に顔)に何かする事がメインですが、ディスプレイ用の飾りを作ったりする時とかにも、特殊な材料とかを紹介してあるので、大いに参考になると思います。

          後、私が思いつくのは、コンサートとかで、キズを入れてステージに上がるとかですかね・・


          コンセプチュアル特殊メイク入門

          15分で完成の本格傷メイク、様々なマスクの作り方、基本の型取りを徹底マスター、本格的な特殊メイクのステップ・バイ・ステップ。さらに特殊メイク用語辞典、ツールの作り方、材料ショップ一覧まで掲載、特殊メイクに興味ある人必携の1冊です。
          (Amazon.co.jp で続きを確認)

          ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
          人気blogランキングへ



          | 書籍 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
          ナニー・マクフィーの魔法のステッキ (NANNY MCPHEE)
          0
            鑑賞日:2007/3/5

            ブラウン家の母親をなくした子供達7人は、やってくる乳母を追い出す事が楽しみになっていた。
            そんなブラウン家にある時、何処から来たか分からないが、魔法使いのマクフィーがやってきた。
            その日から子供達は、どんどん良い子になっていった・・・

            そんな感じの話で、いたずらな子供たちが、改心していき、最後は、お父さんも結婚して、めでたしめでたしなおとぎ話でした。
            ナニー・マクフィーの魔法のステッキ

            最初の方の、子供達のいたずらが、結構、強烈でした。
            一番下の子供、多分、まだ歩いていないので、1歳未満?のアギー(時々喋ったりもしてたけど・・)をなべに入れておいて、その他の子供達が、鶏肉とかに、靴下とかを履かせて、食べるシーン。
            アギーを食べてる事にして、乳母を追い出す。
            いたずらの方は、まあ、良いとしても、アギーがなべに入っていて、キャベツまみれになっているシーンは、結構、すごいなって思いました。

            実際の撮影では、なべに入っている食べ物は、作り物なのでしょうが、お父さんがやってきて、アギーを見つけて、なべの蓋を取って・・・
            蓋をしてあったので、窒息死とかしないのかなとか、余分な事も考えてたんですが・・・(^^;

            実際に、乳母を追い出す為のいたずらなら、お父さんが来た時点まで、何事も無かった感じにしておくのが普通でしょうけど、映画なので、どうやって追い出したかを見せるために、しょうがないのかな?

            次の台所(というのでしょうか?)のシーンも、結構、強烈でしたが、でも、強烈なのはここまでで、後は、いろんなおとぎ話が混ざった感じのファンタジーな良い話でした。

            お父さんと「エヴァンジェリン」というメイドとの恋の話があり、ラストは、ハッピーエンドなのですが、もう少し、途中で、双方に思いを寄せているというシーンがあってもよかったかなって思います。

            後は、最初から出てくるお母さんが座っていた椅子の意味が今一分からないのとマクフィーの顔がどんどん綺麗になっていくのですが、その意味がわかんなかったです。
            魔法使いの国での修行なのかな?


            人気blogランキングへ

            さわり
            監督:カーク・ジョーンズ
            出演:エマ・トンプソン (ナニー・マクフィー)
                コリン・ファース (セドリック・ブラウン)
                ケリー・マクドナルド (エヴァンジェリン)
                アンジェラ・ランズベリー (アデレード)
                セリア・イムリー (クイックリー夫人)


            葬儀屋に勤めるブラウン(コリン・ファース)の悩みの種は、7人のやんちゃな子供たちのいたずらで、雇ったナニーがことごとく逃げ出してしまうこと。しかし、突然現れた新任のナニー、マクフィー(エマ・トンプソン)は違った。彼女は魔法を使ってイタズラを封じ、子どもたちを厳しくも温かくしつけていく。そんな折、ブラウンは亡き妻の親戚であるアデレート(アンジェラ・ランズベリー)から1か月以内に再婚するよう厳命される…。
            (Amazon.co.jp で続きを確認)

            ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
            人気blogランキングへ



            | ファンタジー | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            新世紀エヴァンゲリオン Vol.1,2
            0
              鑑賞日:2007/3/1,2

              今日は、映画じゃないです。アニメで、しかもTV放送版。
              DVDで、Vol.1、2をレンタルしてみてみました。

              何故、いきなり?って、感じですが、姉妹サイトの「爆釣!ハンドメイドルアー」にも来て頂いている方なら、お気づきと思いますが、最近、フィギュアに凝っちゃってます。(^^;
              といっても、出来合い品を買ってきて、並べるって言うんじゃなくって、作る方です。
              新世紀エヴァンゲリオン Volume 1

              経緯とかは、「爆釣!ハンドメイドルアー」の方を見てもらうとして、フィギュア関連の本を見てると、かなりの数で、エヴァンゲリオン、それも「綾波レイ」「アスカ・ラングレー」といった美少女系のフィギュアがたくさん載っています。

              で、どんな物語なのかなって、興味が出て、で、ビデオを借りてみました。
              まだ、序盤部分だけなので、全体像は、分からないのですが、思っていたほど、戦闘シーンは無くって、フィギュアでは、女の子がいっぱい出てきますが、どっちかって言うと主人公の「碇シンジ」が、大人になっていく過程の心理的な描写の方が多いかなって思います。

              女性も、フィギュアだと、「綾波レイ」「アスカ・ラングレー」ばかりですが、私が見ている今のところの部分は、「葛城ミサト」がメインです。

              今週も引き続き借りているので、全部見終わったら、再度、まとめで、書きたいと思います。


              人気blogランキングへ

              さわり
              監督:庵野秀明
              声優:緒方恵美 (碇シンジ)
                  三石琴乃 (葛城ミサト)
                  山口由里子 (赤木リツコ)
                  林原めぐみ (綾波レイ)


              社会現象を巻き起こしたGAINAX製作のSFロボットアニメ。声の出演には緒方恵美、三石琴乃、林原めぐみほか。第1~4話収録。
              (Amazon.co.jp で続きを確認)

              ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
              人気blogランキングへ



              | アニメ | 23:09 | comments(0) | trackbacks(8) | - | - |