RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
ナイト ミュージアム (NIGHT AT THE MUSEUM)
0
    鑑賞日:2007/04/29

    先回の「スパイダーマン3」の時に、書きましたが、4/29に見てきました。
    見終わった後に、面白かったけど、1ヶ月ぐらいしたら、ストーリー忘れそうな映画って、家族と話していたんですが、まだ、2週間も経ってませんが、本当に忘れかけています。(^^;

    TVの宣伝だけの知識で見たので、あの恐竜の骨とは、どうなるのか?ってのが、一番、興味があったのですが、あの骨は、メチャ可愛かったです。(笑)
    んー、後は・・・
    小説 ナイト ミュージアム

    一度、話を思い出さないと、何も書けないので、思い出せる部分だけ整理します。

    現在、無職な、さえないお父さんが、このままだと息子に悪影響と元奥さんから言われる。
    で、職を探して、博物館の夜間警備員に・・・
    しかし、その博物館の展示物は、夜中になると動き出すから、さあ、大変!

    その後、歴史を勉強したりして、展示物の事を理解して、段々、警備員が板についてくる。
    息子に愛想をつかれそうな、お父さんは、頑張ってる姿を息子に見せようと夜の博物館に呼んで・・・・
    とまあ、そんな話でした。意外と覚えてますね。(笑)

    ベン・スティラーが、主演なので、下品さがあるかな?とも思っていたのですが、まったくって言って良いほど、そんなシーンは無く、純粋なファミリー映画に仕上がってると思います。

    元警備員のお年より3人も良い味出していて、ちょっぴりラブな話もあり、子供との絆の話も盛り込まれて、お笑いだけではなく、ちょっぴりジーンと来るような場面もありました。
    DVDで出たらもう一回、細かく見ようと思っています。

    (画像は、DVDがまだなので、Amazon.co.jpから書籍のイメージです)

    人気blogランキングへ


    さわり
    監督:ショーン・レヴィ
    出演:ベン・スティラー (ラリー・デリー)
        カーラ・グギーノ (レベッカ)
        ディック・ヴァン・ダイク (セシル)
        ミッキー・ルーニー (ガス)


    ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の夜間警備員に着任した初めての夜、ラリーは展示物が動き出す光景を目のあたりにして大あわて!息子のニックにその光景を話してはみるものの、最初はまるで信じてくれず……。それでもニックは、ラリーといっしょに博物館の一夜を過ごすうち、さえないパパの見たことのない一面を見つけだす!
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ

    【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

    | コメディー | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スパイダーマン3 (SPIDER-MAN 3)
    0
      鑑賞日:2007/05/03

      「ホリデイ」で、今年初めての映画館と書いたのですが、その後、4/29に「ナイト ミュージアム」(レビューはまだ)に行って来て、で、先日 5/3 に、「スパイダーマン3」を見てきました。
      一ヶ月ぐらいで、3本も見たのは、初めてです。

      「スパイダーマン3」は、確か5月1日に封切られたと思いますが、まだ、始まったばかりなので、混んでるかなって思ったけど、それ程でもありませんでした。
      ただ、子供が「吹替えしかいや」なので、吹き替え版だし、20:30から始まる遅いやつだったせいもあるかも知れません。



      内容の方は、あまり細かく書くのは、まずいかなって思うので、書きません。
      が、あんなに宣伝していて期待感大だった割には、面白かったです。
      こんなに期待感があると、いつもは、裏切られるのですが・・・

      アクション・特撮は、お金かけてるだけあって、すごいんだろうなって思ってましたが、期待通りでした。
      宣伝で、黒いスパイダーマンが出てましたが、敵は、1人だけじゃなくって、3人(4人と数えるべきかな?)で、話の方も、友達、恋人、仕事と盛り沢山なのですが、割とまとまっていたんじゃないかなって思います。

      ただ、若干、ヒーローものだとすると、スパイダーマンが、悪になる部分があるので、そこがどうなのかなって、思いました。
      総合的には、映画館で見ておいてよかったと思える作品でした。


      人気blogランキングへ

      さわり
      監督:サム・ライミ
      出演:トビー・マグワイア (ピーター・パーカー/スパイダーマン)
          キルステン・ダンスト (メリー・ジェーン・ワトソン(MJ))
          ジェームズ・フランコ (ハリー・オズボーン)
          トーマス・ヘイデン・チャーチ (フリント・マルコ/サンドマン)


      スパイダーマンがブラック・スパイダーマンに変貌する!? 衝撃の最新作!
      かつて暴漢に襲われて亡くなったベンおじさん殺害の真犯人が刑務所から脱獄した。その情報を知り、激しい怒りに燃えるピーターは、メイおばさんの制止も聞かず、犯人の行方を追うが−−。
      スパイダーマン 3 (Amazon.co.jp)

      ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
      人気blogランキングへ

      【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

      | アクション | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      沈黙の傭兵 (MERCENARY FOR JUSTICE)
      0
        鑑賞日:2007/04/24

        「スティーヴン・セガール」作品は、まったくといって良いほど、見たこと無かったのですが、この作品は、レンタル店で、割と貸し出しされているようで、思わず手にとってしまいました。
        端からB級アクションと思って見始めたので、意外に面白かったです。

        が、細かい部分で、もうちょっと丁寧に作ってあると、もう1ランク上がるのになって部分がたくさんありました。
        あまり、細かいところを突っついてもしょうがないとは思いますが・・・(^^;
        沈黙の傭兵

        最初の方でコンピューターのエキスパートを紹介する部分で、「9つのC言語を操る」みたいなくだりがあって、日本語訳が変なのかも知れませんが、意味不明です。
        仕事柄、見るのやめようかなって、思うぐらい気になって、そういうやつもいるので、こんな些細な事でも、気にして作って欲しいなって・・
        9つのC言語が操れても、全然、すごいと思えない。
        「9つの日本語を操る」って言っているのと同意で、9つの言語なら分かるのですが・・

        後、またまた最初の方ですが、大使が飼っている犬が出ていて、大使(飼い主)が拉致されようとしているのに、おとなしく伏せしたままなんて・・・
        このシーン、犬を、出演される意味が分かりません。

        普通に考えると、犬が「ワンワン」とうるさくして、それが鬱陶しくって、犯人らが犬を撃って殺すって感じが普通と思うのですが、なんで、ああもおとなしくしているのだろう?
        後で、その犬が出てくるので、ここはこういう演出なのかなって思ったんですが、それっきりその犬は、出てこなくって、それなら犬って入らないんじゃないの?って、思いました。

        なんか、細かい部分ばっかり気にしてますが、何故に傭兵なのか、CIAとの繋がりは?とか、そんな疑問や、途中、銀行内を、女性が写真を撮ってるシーンがあるのですが、その写真は、その後、何処にも使われなかったりと(多分、脚本変更されたよね?)、大きなストーリー部でもおかしな部分はあります。
        でも、何か、そんな事より、細かい部分が気になってしまって・・・

        で、見終わった後は、まあ、気になる部分は、たくさんあったけど、なんとなくすっきりしたなって、そんな作品でした。
        普通、この手の映画だと、1回ぐらい主役が、危機になって死にそうになるのですが、「スティーヴン・セガール」が強すぎる設定が、安心してみていられて、すっきりさせてくれるのかも知れません。

        後、ヒロイン役の女性は、何となく「シカゴ」や「レジェンド・オブ・ゾロ」の「キャサリン・ゼタ・ジョーンズ」似でした。


        人気blogランキングへ

        さわり
        監督:ドン・E・ファンルロイ
        出演:スティーヴン・セガール (ジョン・シーガー)
            ジャクリーン・ロード (マキシン・バーノル)
            ロジャー・グーンヴァー・スミス (チャペル)
            ルーク・ゴス (ジャック・ドレシャム)


        独裁政権を倒す名目でアフリカの小国へと渡ったシーガー。しかし、これがCIAの仕掛けた罠だと気づくと同時に、大切な戦友を失ってしまう。帰国後、友の復讐と友の遺族を守り抜くこととを誓った彼に新たなミッションが。それは、大物武器商人の息子を4日間以内に刑務所から脱出させるというものだった。守るべき者を人質にとられ、あらゆる敵がつけ狙う絶体絶命の苦境の中、シーガーは任務を成功させることができるのか。そして彼が画策した、真の"ミッション" とは一体何なのか!?
        (Amazon.co.jp で続きを確認)

        ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
        人気blogランキングへ

        【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

        | アクション | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ホリデイ (THE HOLIDAY)
        0
          鑑賞日:2007/04/08

          もう、2週間ほど経ってしまいましたが、4/8の日曜日に、映画館で「ホリデイ」を見てきました。
          映画館で見るのは、今年初めてだと思います。

          とはいっても、映画館で見るのは、年間、4〜5本なので、例年どおりのペースかな?
          このぐらいの時期だと、多分、いつもは、2本目ぐらい。

          正月辺りに見て、ゴールデンウィーク辺りに1本見て、夏に見て、また、冬に1本で、年間4本ぐらい。
          で、今年は、正月付近で見てないので、1本目って感じです。
          映画ホリデイのチラシ


          まあ、こんな事はどうでも良いですね。(^^;

          映画館での作品は、当たり前ですが、まだDVDが発売されてないので、イメージ画像に困ります。
          今回は、チラシをスキャンしてみました。

          さて、映画ですが、男性には、ちょっとキツイのかも知れませんが、私は、恋愛物好きなので、割と高評価です。
          「ホーム・エクスチェンジ」って言う、家を交換し合って、一時期を過ごすって仕組みがあるようですが、まったくなじみが無かったので、あまり現実的では無いかな?って見てました。
          でも、あちらでは、結構、利用されている仕組みのようですね。

          で、家を交換し合った2人が、それぞれの場所で、恋が芽生えるって言う、これまた現実的には、有り得なさそうな話でした。
          でも、リアル感を無視すれば、それぞれに心温まるいい恋愛話です。

          1組だけの話だと、少し退屈だったかも知れませんが、2組の話が交差して、話は進んで行き、ケイト・ウィンスレットの「アイリス」側では、恋愛に加えて、お年寄りとの交流の話も加わって、途中で、お尻が痛いことを思い出さずに過ごせました。(笑)

          家内は、少し落ち込んだ時に「ブリジット・ジョーンズの日記」を見て活力をつけているのですが、そのレパートリーにこいつも入ってきそうです。

          キャメロン・ディアスが、主役なんだと思いますが、ケイト・ウィンスレット側の話が、無かったら、ただのつまらない恋愛映画になってたと思います。
          一応、物語は、ハッピーエンドなのですが、「ホーム・エクスチェンジ」での恋愛(遠距離恋愛)なので、この映画が売れたら、2作目もあるのかなって感じでした。
          次回作のストーリーが、なんだか作りやすそう・・・(笑)


          人気blogランキングへ

          さわり
          監督:ナンシー・マイヤーズ
          出演:キャメロン・ディアス (アマンダ)
              ケイト・ウィンスレット (アイリス)
              ジュード・ロウ (グラハム)
              ジャック・ブラック (マイルズ)


          すべてが変わる2週間。運命の休暇が今、始まる−。
          最悪の状況を抜け出したい!彼女たちが選んだ方法は-<ホームエクスチェンジ>

          ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
          人気blogランキングへ



          | ロマンス | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ガーフィールド2 (GARFIELD: A TAIL OF TWO KITTIES)
          0
            鑑賞日:2007/04/06

            どうも、お久しぶりです。(^^;
            先回から、大分経ってしまいました。

            映画は、ボチボチ見てますが(って、前にも書いたかな?)、フィギュア作りに忙しくって、なかなかレビューが書けません。

            先週も、映画館に「ホリデイ」を見に行ったのですが、以前の私なら、速攻、見終わったら記事書いていたのに・・・
            ガーフィールド 2 (特別編)

            ここの所、製作物の記事を書いているので、映画のレビューって何書けば良いの?って、ちょっと分からなくなってます。
            製作物の記事は、作った手順を書いていくだけだし、そういった記事でも、同じ事をやってる人には、割と参考になったりすると思うんです。

            でも、映画のレビューって・・・・・、よく考えると難しいなって。
            今まで散々書いてて今更なんですが・・・・(^^;

            と、最近の書かなさぶりの言い訳をしておいて、本日の作品「ガーフィールド2」です。
            1作目の方も、すごく面白かったって訳ではなかったんですが、何故だか借りてしまいました。

            すごくよかった訳ではない1作目よりも、更に、面白くなくなってました。(^^;
            ただ、見て損したって感じでもないので、時間とお金に余裕がある方には、いいかも?

            1作目の時は、ガーフィールドの飼い主役の「ブレッキン・メイヤー」が気になって見たので、多分、この2作目も、「ブレッキン・メイヤー」の事が気になったんだと思います。

            「ニューヨークの恋人」で、メグ・ライアンの弟役で、出ていた「ブレッキン・メイヤー」。
            そのDVDの特典で、監督の話を聞きながら(読みながら)鑑賞できるのですが、その時、「ブレッキン・メイヤー」の事をやたら監督が誉めていたので、それ以来気になる役者さんなんです。

            そんな想いがあって、1作目のガーフィールドを見たのですが、「ブレッキン・メイヤー」は、あまり上手な演技してませんでした。むしろ、下手な感じ。
            で、その辺り、2作目では、よくなったかなって思ったんですが、相変わらず、下手でした。(^^;

            ガーフィールドは、CGなので、見えない相手に対して、演技しているので下手糞になってしまうのかな?
            次の出演作に期待します。(笑)


            人気blogランキングへ

            さわり
            監督:ティム・ヒル
            出演:ブレッキン・メイヤー (ジョン・アーバックル)
                ジェニファー・ラヴ・ヒューイット (リズ・ウィルソン)
            声  :ビル・マーレイ (ガーフィールド)
                ボブ・ホスキンス (ウィンストン)
                シャロン・オズボーン (クリストフ)


            ジム・ディヴィスの新聞連載コミックに始まり、そのキャラクターグッズなどが世界中で愛される人気猫ガーフィールドが、CGを駆使して実写世界でドタバタ騒動を繰り広げるファミリー・コメディ映画の第2弾。仕事でロンドンへ行くことになったリズ(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)にプロポーズすべく、その後を追った飼い主ジョン(ブレッキン・メイヤー)の鞄に隠れてイギリスに到着したガーフィールド(声/ビル・マーレィ)。そこで彼はカーライル城を相続しながらも遺産相続を狙うダージス卿(ビリー・コノリー)の企みで川に捨てられてしまったプリンス猫と間違われて…。
            (Amazon.co.jp で続きを確認)

            ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
            人気blogランキングへ

            【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

            | コメディー | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            トゥモロー・ワールド (HILDREN OF MEN)
            0
              鑑賞日:2007/04/02

              子供が生まれなくなってから18年後の2027年(だったかな?)の話。

              映画というか、映像的には、非常によく出来た作品と思います。
              途中、主役のセオ達が乗った車が、襲われるシーンやラスト付近の戦場(ちょっと違うんだけど)のシーン。
              出産のシーンも見事です。
              トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション

              すごい緊迫感で、最高の出来だと思うんだけど、ストーリーが何だか中途半端な気がします。

              何故、子供が生まれなくなったかとか、ラスト、子供だけ1人生まれて、その後の未来は、果たして明るいのか?
              もうちょっと、ラストがすっきりしていれば、評価的にももうちょっとよかったと思うのだけれども・・・

              現代の環境汚染とかそんな事への問いかけで、テーマは重く、思いもよく伝わっては来るんだけれども、どうも、気持ち的にすっきりしてません。
              でも、テーマの問いかけなので、皆で、考えてねって事で、これで良いのかも知れません。

              上にも書いたけど、映像的な部分では、すごくよく出来ていると思うので、映画ファンなら一度は、見ておくと良いかなと思いました。


              人気blogランキングへ

              さわり
              監督:アルフォンソ・キュアロン
              出演:クライヴ・オーウェン (セオ・ファロン)
                  ジュリアン・ムーア (ジュリアン・テイラー)
                  マイケル・ケイン (ジャスパー・パルマー)
                  キウェテル・イジョフォー (ルーク)


              西暦2027年、人類に子どもが誕生しなくなり、世界は荒れ果てていた。英国のエネルギー省官僚のセオはある武装集団に拉致されるが、リーダーは元妻のジュリアン。彼女は1万ポンドと引き換えに検問を通過できる通行証がほしいと言う。彼女の目的は、ひとりの移民の少女を新しい社会を作る活動をしている「ヒューマン・プロジェクト」に届けること。しかし、そのグループには実態がなく、なおかつ、その少女は重大な秘密を抱えていた。
              (Amazon.co.jp で続きを確認)

              ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
              人気blogランキングへ



              | SF | 23:42 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |