RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
キンキーブーツ (KINKY BOOTS)
0
    鑑賞日:2007年5月XX日

    今日は、簡単に・・・

    今週は、レンタルしてきましたが、先週、先々週と2週間ほど、レンタルしなかったので、見たのは大分前に成ってしまいましたが・・・・
    もう、既に返却していて、時間も経っているので、間違ってる部分もあるかも?

    潰れかけの靴工場が、立ち直る話。
    キンキーブーツ


    古い時代の映画なのかな?って、思ってみてたら、携帯電話とかも登場して、意外に最近の話のようです。
    確か、実話を元にと書いてあったと思います。

    普通の男性用の革靴を作っていた会社が、潰れかけで、あるきっかけで、ゲイのダンサーのブーツを作って、立ち直っていくって話でした。

    靴が作られていく生産の映像があるのですが、作るのが好きなので、その部分に非常に興味深かったです。
    「ターミネーター」で、ターミネーターが作られているシーンが出だしでありますが、それの靴版って感じ(趣が違うかな?)

    そういった事もあり、割とお気に入りな感じの作品でした。

    人気blogランキングへ


    さわり
    監督: ジュリアン・ジャロルド
    出演: ジョエル・エドガートン (チャーリー・プライス)
        キウェテル・イジョフォー (ローラ)
        サラ=ジェーン・ポッツ (ローレン)
        ジェミマ・ルーパー (ニコラ)


    チャーリー・プライスは伝統ある靴工場の跡取り。しかし、婚約者のニックの尻に敷かれている優柔不断な彼は、彼女とロンドン転勤を機に田舎町ノーサンプトンと重い責任から逃げ出す。ところが、ロンドンに到着するやいなや父親の訃報が届き、プライス社の4代目に就任することになってしまった。・・・・
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ

    | コメディー | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    幸せのポートレート (THE FAMILY STONE)
    0
      鑑賞日:2007年5月XX日

      このブログも、大分、ご無沙汰になってしまいましたが、一旦、書かなくなると何書いていいのか、分からなくなってしまいます。(^^;
      ここ2週間ばかりは、DVDのレンタルは全然、してなくって昔の手持ちのを懐かしく見てました。

      このブログを始める前も、毎日のように映画は、見ていたのですが、そんな風に楽しみながら見ていました。
      でも、このブログを書き始めてからは、最初は、良かったのですが、段々と、何だか記事の為に、見ている感じになってきていました。
      幸せのポートレート

      去年の11月ぐらいから、作る方の趣味も復活して、そっちのサイトが、忙しくなってきた事もあり、こちらが大分、ほったらかしになってるのですが、一呼吸おく意味では良かったのかも知れません。

      と言う事で、ちょっと重めの文章で始まりましたが、久しぶりの映画の感想。

      新作(自分の中での始めてみる映画)もボチボチ見ているので、自分の記録的な意味で、なるべく見たのは、書いていきたいと思っています。

      今回は、「幸せのポートレート」。
      コメディーと思ってみたけど、意外に重かった。
      笑える部分もたくさんあったんだけど、コメディーと思っているので、結構、見るのが辛かった・・・

      主役の女性も、あまり、良い性格と思えない感じで、見ないほうが良かったかな?って思いましたが、後半から徐々に良くなってきて、ラストは、スッキリしました。

      恋人の家族との絆を描いたヒューマンタッチな映画と思ってみた方が良いかも知れません。

      人気blogランキングへ


      さわり
      監督:トーマス・ベズーチャ
      出演:サラ・ジェシカ・パーカー (メレディス・モートン)
          ダイアン・キートン (シビル・ストーン)
          クレア・デインズ (ジュリー・モートン)
          レイチェル・マクアダムス (エイミー・ストーン)
          ダーモット・マローニー (エヴェレット・ストーン)


      完璧主義のキャリアウーマン、メレディスは最高の恋人エヴェットと彼の家を訪れた。彼は家族に婚約者である彼女をお披露目するつもりだった…。だが、彼らを迎えたのは息子の将来の嫁に厳しい母、存在感の薄い父、妊娠中の長女、お酒とマリファナ好きな次男、素直になれない次女、そして、ゲイの三男などクセのある者ばかり。メレディスとストーン一家の波長はまったく噛み合わず、クリスマス・イブに理想の愛を探して大騒動が始まる!
      (Amazon.co.jp で続きを確認)

      ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
      人気blogランキングへ

      | ドラマ | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END)
      0
        鑑賞日:2007/06/2

        もう、1週間ほど経ってしまいましたが、6/2の土曜日に、映画館で「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を見てきました。
        公開から1週間ぐらいでしょうか?

        夕方からのを見ましたが、前の方の席は空いていて、6割ぐらいの入りだったと思います。

        最近は、子供が行く時は、日本語訳の場合が多いのですが、家内の要望で、今回は、字幕。
        パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

        やっぱり、これの方が、味があるのですが、どうもこう人間関係が複雑なものは、字幕に目が行ってしまい、画面をあまり見ていないので、理解度が今一です。(^^;

        前半は、結構、新しい人物とかも出てきて、人間関係複雑なので、前作を見て復習しておきましょう!(笑)
        と言っても、家も見に行く前は、数回DVDを見てからだったのですが、それでも、分かりにくかったです。

        「バルボッサ」って誰?「デイヴィ・ジョーンズ」って、誰?みたいな部分は、しっかり頭に叩き込んでおきましょう!

        そういった感じで、前半は、2作目の雪崩れ落ちて行くようなドタバタはないので、少々退屈だったかも知れません。
        でも、後半は、謎も徐々に解決していき、話もすっきりしてきて、どんどん盛り上がっていきます。

        んー、3時間近くあったのでしょうか?前半、1時間はいらないかなって思います。
        「チョウ・ユンファ」大御所の新しい登場人物なんですが、あんまり意味無い気がします。

        既に、「ジョニー・デップ」「オーランド・ブルーム」「キーラ・ナイトレイ」の大物役者が出ているし、「バルボッサ」や「デイヴィ・ジョーンズ」といった役的に大事な人も大勢いるので、混乱が増すばかりです。
        でも、ジャックのお父さん役の キース・リチャーズは、いい感じで出てました。

        最後に、インターネット上でも、書かれているような気がしますが、エンドロールが終わるまで、席を立ってはいけません。
        まあ、パイレーツは、1作目、2作目、全部、エンドロール後に映像があるので、分かってはいると思いますが、何しろ今回のは、ここでの映像が長いです。

        1作目、2作目は、見逃してもどうって事無いですが、今回は、見ないと感想全然違ってくるんじゃ無いか?ってぐらいインパクトあります。
        どうぞ、お見逃し無く

        (画像は、DVDがまだなので、Amazon.co.jpから書籍のイメージです)

        人気blogランキングへ


        スタッフ&キャスト
        監督:ゴア・ヴァービンスキー
        出演:ジョニー・デップ (キャプテン・ジャック・スパロウ)
            オーランド・ブルーム (ウィル・ターナー)
            キーラ・ナイトレイ (エリザベス・スワン)
            ジェフリー・ラッシュ (キャプテン・バルボッサ)
            ジョナサン・プライス (スワン総督)
            ビル・ナイ (デイヴィ・ジョーンズ)
            チョウ・ユンファ (キャプテン・サオ・フェン)
            ステラン・スカルスガルド (ビル・ターナー)
             ジャック・ダヴェンポート (ジェームズ・ノリントン)



        ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
        人気blogランキングへ

        【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

        | アドベンチャー | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ウエディング宣言 (MONSTER-IN-LAW)
        0
          鑑賞日:2007年5月初め頃

          結婚する前なので、嫁姑じゃないけど、分かりやすく説明すると結婚する前の嫁姑の争いの話。

          ラブコメディなんだけど、ラブな部分は、あんまりなくって、コメディーが主でした。
          ジェニファー・ロペス扮するチャーリーが、男性と出会うんですが、その出会いの話は、一目ぼれに近く、ほとんどなし。
          ウエディング宣言(特別編)

          いきなり、結婚話になっていて、その彼のお母さんとのやり取りが、非常に面白かった。
          ジェニファー・ロペスが、ケーキに顔を突っ込んだり、唇がバンバンにはれ上がるシーンとか、結構、笑えます。

          お勧め作品は、家族にも見せるのですが、家族と再度見てしまうぐらいの面白さはありました。
          でも、これって、劇場未公開なんですよね。何故でしょう?

          人気blogランキングへ


          さわり
          監督:ロバート・ルケティック
          出演:ジェニファー・ロペス (チャーリー)
              ジェーン・フォンダ (ヴィオラ)
              マイケル・ヴァルタン (ケヴィン)
              ワンダ・サイクス (ルビー)


          完璧主義のキャリアウーマン、メレディスは最高の恋人エヴェットと彼の家を訪れた。彼は家族に婚約者である彼女をお披露目するつもりだった……。だが、彼らを迎えたのは息子の将来の嫁に厳しい母、存在感の薄い父、妊娠中の長女、お酒とマリファナ好きな次男、素直になれない次女、そして、ゲイの三男などクセのある者ばかり。メレディスとストーン一家の波長はまったく噛み合わず、クリスマス・イブに理想の愛を探して大騒動が始まる!
          (Amazon.co.jp で続きを確認)

          ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
          人気blogランキングへ

          【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

          | ラブコメディ | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          プラダを着た悪魔 (THE DEVIL WEARS PRADA)
          0
            鑑賞日:2007年5月初め頃

            レンタル開始って、いつでしたっけ?
            多分、今月、初めぐらいに見たと思うのですが、レンタル開始されて、どうしても見たくって、全部貸し出し中で、なかなか行き当たらなかったけど、数度通ってゲットしました。

            そこまで、苦労して見る価値があるかは、分かりませんが、そこそこ面白かったです。
            「メリル・ストリープ」は、演技的に、上手なんですが、何か、はまり役では無い気がした。
            プラダを着た悪魔 (特別編)


            最初は、嫌なやつ(メリル・ストリープ)に思えたが、意外に、最近、こういった人の能力を引き出す、いじわるな上司(先輩)はいないので、本当は、こういった人が、当たり前なのかもしれないかな?って、ちょっとだけ、思った。

            でも、現実、あんな上司だったら、直ぐ辞めちゃうと思うけど・・・(^^;
            (嵐の中、飛行機を・・・・ってのは、ちょっと無茶苦茶な気がする。)

            後、「爆釣!ハンドメイドルアー」に来てもらってる人には、分かると思うけど、最近、フィギュアを作ってます。
            なので、プラダは、ほとんど出てこなかった気がするけど、映画中出てきたファッションは、非常に作ってみたくなるほど、ファッショナブルなものばかりでした。


            人気blogランキングへ

            さわり
            監督:デヴィッド・フランケル
            出演:メリル・ストリープ (ミランダ・プリーストリー)
                アン・ハサウェイ (アンドレア・サックス)
                エミリー・ブラント (エミリー)
                スタンリー・トゥッチ (ナイジェル)
                エイドリアン・グレニアー (ネイト)


            大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。・・・・
            (Amazon.co.jp で続きを確認)

            ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
            人気blogランキングへ

            【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

            | ドラマ | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ダンジョン&ドラゴン2 (DUNGEONS & DRAGONS:THE ELEMENTAL MIGHT)
            0
              鑑賞日:2007/05/23

              サボりぎみの久しぶりの映画(DVD)のレビューです。
              相変わらず、レンタル店には通って、ボチボチとDVDは見ているのですが、どうも、レビューまで書く時間が取れません。

              ただ、元々、自分用の記録簿としての意味合いも有った筈なので、1年後に「あれ、この映画って見たのかな?」って、場合の為にも、記録だけはしていこうと思います。
              といった訳で、今後、あんまり感想とか入れないで、書く場合もあると思います。
              ダンジョン&ドラゴン2 デラックス版


              既に、今月見たDVDが、大分、溜まっちゃってるんですが、記憶の新しい方からボチボチ書いていきます。
              (と書いてて、また明日から、パタッと書かなかったりして・・・(^^;)

              今日は、「ダンジョン&ドラゴン2」。
              1は、見てないと思います。なので、続きなのか、まったく繋がりが無いのかは、分かりません。

              今一、迫力に欠けた気もしますが、割と好きなタイプの映画でした。
              元々、RPGゲーム好きなので、ドラゴン退治的な話は、好きです。

              ドラゴンをやっつける為に、パーティを組むのですが、そのパーティのメンバーに、盗賊(ちょっと違ったかも)やバーバリアン、エルフ等バランス良いのが、気に入りました。
              ただ、パーティーのメンバーを「あいつとそいつとこいつ」って選ぶんじゃなくって、もうちょっと苦戦して探す話が、入っているといいかなって思いました。


              人気blogランキングへ

              さわり
              監督:ジェリー・リヴリー
              出演:マーク・ダイモンド (ベレク)
                  クレメンシー・バートン=ヒル (メローラ)
                  ブルース・ペイン (ダモダール)
                  エリー・チドジー (ラックス)
                  スティーヴン・エルダー (ドリアン)


              1974年、史上初のRPG(ロールプレイングゲーム)のひとつとして誕生し、世界的にゲームファンを虜にしたファンタジーアドベンチャー「ダンジョン &ドラゴンズ」。2000年に『マトリックス』シリーズのプロデューサー、ジョエル・シルバーの手によって『ダンジョン&ドラゴン』として映画化され、世界的に大きな話題を呼んだ。そして今、『ロード・オブ・ザ・リング』等、ファンタジー映画が世界的なブームの中、ついに5年の月日を経て、待望の続編が誕生した。『ダンジョン&ドラゴン2』は前作以上に、ゲームで描かれている世界観と新たに登場するキャラクターたちを見事に映像化した待ちに待った作品なのである。
              (Amazon.co.jp で続きを確認)

              ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
              人気blogランキングへ

              【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

              | アドベンチャー | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |