RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< ダイ・ハード4.0 (LIVE FREE OR DIE HARD) | main | 西遊記 >>
ラブソングができるまで (MUSIC AND LYRICS)
0
    書くたびに、「久しぶりの書き込みです」って、始めている、トンとご無沙汰のこのブログ。

    映画鑑賞は、趣味なので、相変わらず見ているのですが、感想書くのは、そんなに得意じゃないので、ついつい遠のいてしまいます。

    じゃ、何で、やってるの?って、不思議な話ですが、何でやり始めたのだろう?(笑)

    確か、記憶では、マイサイトが持ちたくて、その時は、特に題材無かったので、勢いで、始めちゃったって感じだったと思います。
    ラブソングができるまで 特別版

    今は、「爆釣!ハンドメイドルアー」で、充実しているので、こちらにまで、手が回らないって感じです。

    で、久しぶりに書くのだから、昨日見て今一だった「ゲド戦記」(またその内書くかも)ではなく、私の得意なラブコメで攻めてみます。(笑)

    という事で、前置き長くなりましたが、「ラブソングができるまで」。
    本文は、短いです。(^^;

    ズーッと、鑑賞日を書いてきたのですが、いつ見たか、よく分からなくなっているので、今回から止める事にしました。
    必要なら本文に書きます。

    この手のラブコメは、途中退屈な部分がなく、ラストで、気分すっきりハッピーエンドになっていれば、私の場合は、十分満足です。

    オープニングは、「ヒュー・グラント」扮する「アレックス・フレッチャー」の昔のグループのプロモーションビデオ(?)が流れて、結構、本格的で、曲も良い感じです。

    「アレックス・フレッチャー」は、昔は、人気のアイドルグループだったけど、今では、遊園地とかどっかのパーティーで営業活動する落ちぶれた歌手になってます。

    「ドリュー・バリモア」 扮する「ソフィー・フィッシャー」は、その「アレックス・フレッチャー」の自宅の植木の世話係に、やってきます。
    何時もの植木の世話係が、お休みで、その代わりに・・・

    そんな時、今、話題のミュージシャン「コーラ」から、「アレックス・フレッチャー」は、曲作りの依頼を受けます。
    ・・・・・・・・ついつい、あらすじを書いちゃいましたが、何か、タドタドしいし、時間も掛かるのでこれぐらいで止めておきます。

    途中、曲を多重録音しているシーンがあるのですが、昔、バンドを組んでたりして、こういった音楽作りには、興味あるので、結構、興味深かったです。
    (確か、後1時間とか言っていた気がして、時間的な部分で、無理があるかなって事は、置いておいて・・(^^;)

    で、一気に、ラスト部に行きますが、曲の依頼を受けた「コーラ」のコンサートに「アレックス・フレッチャー」が、特別出演。

    「アレックス・フレッチャー」は、作詞は、苦手(書いたことが無い)という設定だか、作詞作曲をした曲をピアノの弾き語りで披露。
    この曲が、「ビリー・ジョエル」っぽくて、結構、気に入りました。

    後は、ラストに向けて、ぐんぐん盛り上げていって、見終わった後は、元気になれるそんな1本では、ないかと思います。

    人気blogランキングへ


    さわり
    監督: マーク・ローレンス
    出演: ヒュー・グラント (アレックス・フレッチャー)
        ドリュー・バリモア (ソフィー・フィッシャー)
        ブラッド・ギャレット (クリス・ライリー)
        ヘイリー・ベネット (コーラ・コーマン)


    一世を風靡した80年代は遠く去り、いまや、往年の“ギャル”たち相手にイベントを賑わせるしかない元ポップスターのアレックス。20年以上たった今も、彼の肩書きは、“解散した人気バンドPoPの元ボーカル”のまま、変化も進歩もいっさいなし。そんな時代に取り残された彼に、ついに返り咲きのチャンスが訪れた!若者に絶大な人気を誇るカリスマ歌姫コーラから、新曲を提供してほしいという依頼が舞い込んだのだ。とはいえ、彼の作曲の才能は長いあいだ放ったらかしにされたまま。しかも、作詞は大の苦手。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ

    | ラブコメディ | 14:29 | - | - | - | - |