RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< 涙そうそう | main | 007/カジノ・ロワイヤル (CASINO ROYALE) >>
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX)
0
    鑑賞日:2007年8月25日

    見に行ったのは、もう2週間近く前なのですが、今になってしまいました。

    このブログも、2ヶ月近くほったらかしで、直ぐ書こうって思っていたのですが、何やら映画の方が、意味不明だし、あまり面白くなかったのでどうしようかなって考えていたら今になってしまって・・・

    このブログでは、初めての記事ですが、ハリーポッターシリーズは、全部、映画館で見ていて、DVDも3作目までは、買いました。
    ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)

    私は、読んでないですが、本も全部揃っていて、最初からハリーポッターとは、関わっているのですが、どうもどんどん面白くなくなってる感じがします。

    元々、子供向けの映画だった気がしますが、今回のは、かなり大人向けになっていると感じました。
    出だしは、ちょっとホラーっぽかったし・・・

    主役の子供達が、大人になってきているので、仕方ない事なのかも知れませんが、もうちょっとファンタジーだった気がします。

    登場人物もどんどん増えてきて、人間関係がより複雑に・・
    「パイレーツ・オブ・カリビアン」の時もそうでしたが、シリーズ物は、前作をしっかり復習しておかないと、映画が始まった時に後悔する事になります。(笑)

    今までは、主役級の3人が主に活躍していましたが、今回は、騎士団と言う事もあり、他の子供達も活躍し始めて、尚更まとまり感がなくなった気がします。

    後、ハリーとチョウとの恋愛話も、チョウが途中悪者みたいになっちゃって、最後は、出てこなかったし・・・
    原作でも、そうなのだろうか?

    ただ、映像自体は、手を抜いている事無くどんどんパワーアップしているので、そこは評価できると思います。

    それにしても、こういったシリーズものは、最初っから関わっていると、途中で、面白くなくなったとしても、じゃ、次は見ないかって聞かれても、結局、見ちゃうんですよね。

    (画像は、Amazon.co.jpから書籍のイメージです)

    人気blogランキングへ


    さわり
    監督: デヴィッド・イェーツ
    出演: ダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター)
        ルパート・グリント (ロン・ウィーズリー)
        エマ・ワトソン (ハーマイオニー・グレンジャー)


    ホグワーツ魔法魔術学校5年目の新学期を目の前にして、15歳のハリー・ポッターは思春期のまっただ中にいる。なにかというとかんしゃくを起こしたり、やつれそうなほどの恋わずらいをしたり、強烈な反抗心でいっぱいになったり。鼻持ちならないダーズリー一家と過ごす夏は、相変わらず腹の立つことばかりで退屈きわまりなく、しかもこの休み中は、マグルでない級友たちと連絡をとる機会がほとんどなかった。ハリーはとりわけ、魔法界からなんの知らせもないことにいらついていた。復活したばかりの邪悪なヴォルデモート卿がいつ襲ってくるかと、気が気ではなかった。ホグワーツに戻れば安心できるのに…でも、本当にそうだろうか?
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ

    | ファンタジー | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/701768