RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< 釣り場に「iPod shuffle」 | main | アメノナカノ青空 (...ING) >>
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ (EMPIRE OF THE WOLVES)
0
    鑑賞日:2006/10/22

    18日からなので、4日(と数えれば良いのか?)ぶりの映画鑑賞。
    何か、すっごく見てない感じに思えたが、3日みてないだけですね。

    でも、昨日は、釣りでフローターで浮いたので、結構な、体力消費で、半分眠ってみてました。(^^;
    サスペンス物なので、普通だとストーリー分からなくなりそうだけど、これは、意外に意味は、理解できました。

    半分眠ってた割には、面白かったかなって思います。でも、寝ちゃうほどなので、逆に考えるとひきつける要素が弱いって事なのかな?

    前半は、「刑事のコンビ」と「記憶を無くした女性とその他」と話が別々に進んでいって、半分ぐらいで話が合体して、面白くなってくるって感じでした。
    ジャン・レノが、メインかって思ってたけど、意外に、前面に出て無くて、若手の刑事役の人と記憶を無くした女性の人が、目立ってましたね。
    (どちらも、この映画で始めてみた役者さんでした。)

    サスペンス的には、割と厚みがあったと思います。「ジャン・レノ」ファンには、ちょっと物足らないかなって気がします。
    出てきた時は、ちょっと変なやつだったし、アクションも何か、中年って感じで、軽やかでなかったです。

    実は、私は、ファンって程じゃないけど、割と好きな役者さんなので、ちょっとガッカリした派です。
    んー、後、書くことが思い浮かばない。(^^;やっぱり、ブランクが影響しているのか?(笑)
    と言う事で、今日は、この辺で・・・

    人気blogランキングへ

    さわり
    監督:クリス・ナオン
    出演:ジャン・レノ (シフェール)
        アーリー・ジョヴァー (アンナ)
        ジョスラン・キヴラン (ポール)


    ヨーロッパの巨大な闇に挑んだ、サスペンス・アクション映画。主演のジャン・レノはバイオレンスな潜入捜査官を演じながらも、危険に満ちたセクシーな香りをふりまいている。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

    留学するならMac&iPodが絶対便利。

    | サスペンス | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/384715