RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< ミリオンズ (MILLIONS) | main | 話題作やちょっとだけ先取りの映画 >>
さよなら、さよならハリウッド (HOLLYWOOD ENDING)
0
    鑑賞日:2006/9/28

    昨日に続いて、コメディって事で、借りてきた作品。
    それなりに、面白かったし、笑えもしたが、「ウディ・アレン」監督にしては、ちょっと切れが足りない気もした。

    話は、
    10年ぐらい前までは、アカデミー賞を2度も獲得する実績を持ちながら、すっかり落ちぶれてしまった映画監督のヴァル。
    そんなある日、「眠りなき街」というハリウッド映画のオファーが舞い込む。
    しかし、前の妻「エリー」が、彼にピッタリだからと、製作会社の重役「ハル」を説得したものだった。

    その「ハル」は、元妻を寝取った相手で、あまり気が進まなかったが、背に腹は変えられないので、なんとか契約までにこぎ付ける。
    しかし、クランクインの前夜に精神的なことで、目が突然見えなくなってしまったから大変・・・・

    と、言った感じの出だしで、目が見えないまま、監督業を続けて、撮影終えて、終わった時に目が見えるようになって、映画の批評は、アメリカでは散々だが、フランスでは、うけるっていった、まあ、映画らしい話でした。

    そこそこ笑えて、最後もハッピーエンドで、凄くお勧めってわけでは、無いけど、私的には、とりあえず、満足しました。

    人気blogランキングへ

    さわり
    監督:ウディ・アレン
    出演:ウディ・アレン (ヴァル)
        ティア・レオーニ (エリー)
        トリート・ウィリアムズ (ハル)
        ジョージ・ハミルトン (エド)


    ウディ・アレン監督作で、彼が自らをパロった監督役で主演。アカデミー賞2度受賞という過去の栄光にすがりつく映画監督という、かなり自虐的な役どころだ。再起をかけて新作を撮り始めた彼を襲うのは、原因不明の失明の危機。その事実を隠して新作を撮り続けるというのだから、爆笑&苦笑のギャグが満載というわけだ。『アニー・ホール』などアレンの初期作品を思わせるドタバタのノリを、久々に満喫できる作品でもある。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    さよなら、さよならハリウッド

    Apple Store 特別限定販売製品

    | コメディー | 23:51 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/370148
    さよなら、さよならハリウッド
    ウディ・アレン監督作で、彼が自らをパロった監督役で主演。アカデミー賞2度受賞という過去の栄光にすがりつく映画監督という、かなり自虐的な役どころだ。再起をかけて新作を撮り始めた彼を襲うのは、原因不明の失明の危機。その事実を隠して新作を撮り続けるという
    | 1-kakaku.com | 2006/11/22 9:59 PM |
    さよなら、さよならハリウッド
    ウディ・アレン監督作で、彼が自らをパロった監督役で主演。アカデミー賞2度受賞という過去の栄光にすがりつく映画監督という、かなり自虐的な役どころだ。再起をかけて新作を撮り始めた彼を襲うのは、原因不明の失明の危機。その事実を隠して新作を撮り続けるという
    | 1-kakaku.com | 2006/12/01 4:19 AM |
    さよなら、さよならハリウッド
    ウディ・アレン監督作で、彼が自らをパロった監督役で主演。アカデミー賞2度受賞という過去の栄光にすがりつく映画監督という、かなり自虐的な役どころだ。再起をかけて新作を撮り始めた彼を襲うのは、原因不明の失明の危機。その事実を隠して新作を撮り続けるという
    | 1-kakaku.com | 2006/12/08 8:44 AM |