RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< レンタルサーバー探し | main | ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE) >>
オリバー・ツイスト (OLIVER TWIST)
0
    鑑賞日:2006/9/17

    原作は、読んでないですが、映画見ると、原作は名作って感じがプンプンしますね。(笑)
    映画の方は、どうも、淡々と物語が進んでいって、何を言いたかったのかちょっと分からなかったです。

    この頃の時代背景とか良く分かってないと、面白さが伝わってこないのかな?
    なんか、最初の方は、いじめられ過ぎで、夕食の席でのおかわりの要求は、クジで負けて役割を負ったのだが、誰も助けてくれないし、その次の葬儀屋でも、えらく理不尽ないじめにあってる気がするし、唯一助けてくれそうだなって思ってた、主人も、結局、お尻叩いて、助けてくれなかったし。

    結局、皆、自分が可愛いと言う事だろうか・・・・?。

    で、ロンドンへ行って、やっと少しは、味方になってくれそうな「ドジャー」や「ナンシー」と出会うのだが、「ナンシー」は結局死んでしまうし、「ドジャー」とも深い友情が出来るってのでもないし・・。
    あっと、ロンドンへ行く途中に助けれくれた、おばあさんも、この場面だけで、最後まで出てこないので、いらないんじゃないか?
    普通、あのタイミングで出演させるならどっかで、関連してくるので、出してるんだと思うけど、後への関連性無し・・・。えーーって、感じでした。

    あの本屋での盗み後の裁判官(だったかな?)は、すっごぐ憎たらしくて、最後は、コテンパンかと思ったのに、そんな事も無くて・・

    無い無いづくしですが、最初と最後の人物がまったく繋がってないし、それなら、前半もっとぶっ飛ばして(語りだけでも良いぐらい)、ロンドンぐらいからの話でも良いんじゃないかって、思いました。

    最後、「オリバー」は「フェイギン」にすごく思い入れがある状態になっていたが、映画だと、何故そこまでって、思えるし、「ブラウンロー氏」も何故そこまで「オリバー」の事を助けるのかって良くわかんないし・・。

    多分、原作には、その辺りが理解出来る分量の内容が詰まってそうな気がしますが、どうも、1つ1つの出来事が薄っぺらになってる気がします。
    つまらない映画では、無かったですが、かといって面白かったわけでもなかったかな。
    ただ、ちょっと原作読んでみたいゾ!って、思わせる内容ではありました。

    何か、今日は、映画だけじゃなく、私も、何が言いたいのかまとまってないですが(いつもかもしれませんが(^^;)、最初の方で、あれだけ、いじめられてて可愛そうだったので、最後は、いじめた人に不幸が訪れて、見ている人を気分よくさせるのかと思ったけど、そういう映画でもなかった。
    と言う事で、ちょっと気持ち悪さが残っています。


    さわり
    監督:ロマン・ポランスキー
    出演:バーニー・クラーク (オリバー・ツイスト)
        ベン・キングズレー (フェイギン)
        ハリー・イーデン (アートフル・ドジャー)
        ジェイミー・フォアマン (ビル・サイクス)
        リアン・ロウ (ナンシー)
        エドワード・ハードウィック (ブラウンロー氏)


    文豪チャールズ・ディケンズの原作を、『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞を受賞したロマン・ポランスキーが、どっしりとした風格を漂わせて映画化。19世紀、9歳の孤児オリバーは、奉公先の家を飛び出し、ロンドンへ向かう。彼を助けたのは、悪党のフェイギン老人。オリバーは、彼の下でスリをはたらく少年たちの仲間に入る。ストーリーは、原作をそのままなぞった形だ。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    オリバー・ツイスト

    ネットサービスに関するアンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | ドラマ | 22:08 | comments(2) | trackbacks(4) | - | - |
    TBありがとうございました。
    私も福の神さんと同様に思いました!
    中途半端なんですよね。
    子供の頃、本は読みましたがこんなだったかなあと・・・
    また読めばいいのでしょうけど、多分読みません (^_^;)
    | J美 | 2006/10/03 1:32 PM |

    > J美さん

    どっかの記事に書いた気がしますが、本を読んで、映画を見ることは多いですが、映画を見て、本を読もうとは思うのですが、思うだけで、読んだためしがありません。(^^;

    でも、この映画は、ちょっと読んでみた方が良いのかなって思うぐらい、人物についての語りが少ない気がしますね。
    でも、私も多分読みません。(笑)
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/10/04 7:49 PM |










    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/363108
    映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。
    日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。
    | 映画 DVD 気ままなブログ | 2006/09/18 8:26 PM |
    Oliver Twist
    Director. ? Roman Polanski Rating?  19世紀、英国で孤児として育ったオリヴァー。  罰ゲームで、わずかな食事のおかわりを求めたことから、救貧院を追放されてしまったその小さな少年は、新しく引き取ってもらった奉公先でも理不尽なイジメに遭い、
    | 拙者、小さなレンタルビデオ店アルバイトであるゆえ… | 2006/09/20 9:44 AM |
    オリバー・ツイスト
    涙のあと 幸せはやってくる。 オリバー・ツイスト  2005年 英・仏・伊・チェコ 監督 ロマン・ポランスキー ディケンズの名作の映画化ですね。子供の頃に読んでほとんど忘れてます (^_^;) 19世紀ロンドンの町並み、これがCGではなくセットを組
    | みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2006/10/02 11:52 AM |
    映画『オリバー・ツイスト』
    原題:Oliver Twist こんな、いたいけな少年をいじめ痛めつけるなんて、なんて身勝手な大人達、時代が時代とはいえ、可哀そう、さすらう少年の心に安らぎの日々は来るのか 19世紀の、イギリスもまた貧富の差が激しかったころ、孤児のオリバー・ツイスト(バ
    | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/10/18 2:10 AM |