RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< サウンド・オブ・サンダー (A SOUND OF THUNDER) | main | レンタルサーバー探し >>
世界の中心で、愛をさけぶ
0
    再鑑賞日:2006/9/15

    このブログは、今年の2月からの書き始めなので、それ以前の作品は、まだまだいっぱい書いてないのがある。
    これもそんな中の作品。超有名で、どうしようかと思ったけど、昨日(今日)、急に見たくなった。

    確か、「柴咲コウ」出演作は、これが初めてで、目の大きな女優だなって思ったのを覚えている。
    で、その後、「黄泉がえり」を見たんだけど、RUIと同一人物って、しばらく気がつかなかった。

    よく見た目と違うって言われるけど、こういう青春している純愛なラブストーリーって好きです。(^^;
    まあ、この映画は、現在と昔話がクロスしてるけど、防波堤を走ったりするシーンとか原付を二人乗りして、無邪気にはしゃいでるシーンとかお墓にこっそりお骨拾い。
    悲しい思い出になってしまったが、あんな青春って良いなって思う。

    この映画、全体的に役者は、あんまりうまいと感じないのだが、部分的には、カセットで喋る「長澤まさみ」とか最初の防波堤で転ぶ「森山未來」。よく怪我しなかったな感心するぐらい、うまく転んでいる。
    そして、究めつけは、ラスト付近の空港での「大沢たかお」と「柴咲コウ」の会話。

    台風で、足止めくらった飛行場で、「朔太郎」が「律子」を見つけるところからえらい長いことカットが入っていない。
    「朔太郎」が「律子」にある程度のところまで、近づいてきてから、「律子」が喋りだす。で、一頻り喋って、カメラが回転して、2人が抱き合って、さらに「朔太郎」が喋りだしてと・・・、時間は測ってないが、かなり長い。途中、「窓外」って言ってるけど、多分「窓の外」って言いたかったのだろうけど、取り直せなかったのだろう。

    こういった、超有名な映画は、賛否両論だけど、私は、好きなのでたまに見たくなる作品です。

    さわり
    監督:行定勲
    出演:大沢たかお (松本朔太郎)
        柴咲コウ (藤村律子)
        長澤まさみ (広瀬亜紀)
        森山未來 (サク・高校時代の朔太郎)
        山崎努 (重蔵)


    ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション

    ネットサービスに関するアンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | ロマンス | 23:58 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/361694
    映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。
    日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。
    | 映画 DVD 気ままなブログ | 2006/09/16 6:44 PM |
    世界の中心で、愛をさけぶ
    トラックバックさせて頂きますので、よろしかったらトラックバックをお待ちしております。 不治の病に瀕しながらも懸命に生きようとする少女・アキと、アキをストレートに思い続ける朔太郎の純粋な想いに胸を打たれ
    | シアフレ.blog | 2007/03/12 10:51 PM |