RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< サマータイムマシン・ブルース | main | いま、会いにゆきます >>
レジェンド・オブ・ゾロ (THE LEGEND OF ZORRO)
0
    鑑賞日:2006/9/7

    娯楽映画として十分楽しめはしたが・・、年くったせいか、昔ほど胸躍らなくなった気がする。(^^;

    映像の雰囲気が「インディージョーンズ」の3作目っぽい感じだし、ラストの汽車のシーンは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の3作目。
    小屋が火事になる辺りもどっかで、見た感じだし、何か、いろんな映画を寄せ集めた感じがしたんだけど・・
    この手の娯楽映画は、もう、しょうがないのかな?

    今回は、家族の絆もテーマにあるが、前半の夫婦のやり取りが、ちょっとウザイ気もした。
    後半、段々良くなって、ああー、面白かったと感じる映画なんですが・・・

    あっ、そうそう、その中でも子役の男の子は、光ってました。
    どうスタントしたかわかんないですが、子役があの動きをする映画は、そうそう無いので、そこは見所と思います。

    映画としては、見せ場もあるし、ストーリーの起伏もあって、ラストもハラハラドキドキで、スカっと終わってくれるし、面白い方だと思います。


    「特別メニュー」にもう一つのオープニング&エンディングってのがあって、次回作の話をしてますが、まだ作る気なんだとちょっとビックリ。

    まあ、次回作までは良いとしても、その次回作があれば、また、「アントニオ・バンデラス」と「キャサリン・ゼタ=ジョーンズ」が主役みたいな事言ってるけど(このもう一つの方だと次回作では主役は無理な流れなので)もう、違う主役で良いのになって、私は思いました。
    (もしかしたら、私の勘違いで、主役じゃなくて、出演させたいだけなのかも知れないけど、それだったら、あのもう一つの方を使ったとしても次回作に出すぐらい出来ると思うので、主役にしたいんだと判断しました。)

    でも、この作品でも前から7年もかかってるので、次回作なんて、いつになるか分からないので、次の事まで今から考えなくてもいいと思うけどな・・・


    さわり
    監督:マーティン・キャンベル
    出演:アントニオ・バンデラス (ゾロ/アレハンドロ・デ・ラ・ベガ)
        キャサリン・ゼタ=ジョーンズ (エレナ・デ・ラ・ベガ)
        ルーファス・シーウェル (アルマン伯爵)
        ニック・チンランド (ジェイコブ・マクギブンス)
        アドリアン・アロンソ (ホアキン・デ・ラ・ベガ)


    1850年代のアメリカのサンマテオの町で、カリフォルニアを31番目の州にする投票が行われていた。妨害をする者が現れたが、ゾロの登場で投票は無事終了。ところがそのあとゾロの妻エレナが、ゾロの正体を知る者から襲われた。彼女は、その男からある計画を依頼され、ゾロを守るために協力せざるをえなくなる。しかし、その計画の背後には怪しい秘密結社が暗躍していた…。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    レジェンド・オブ・ゾロ コレクターズ・エディション

    ネットサービスに関するアンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | アクション | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/356415