RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< タイタニック (TITANIC) | main | ハイ・フィデリティ (HIGH FIDELITY) >>
アンドリューNDR114 (THE BICENTENNIAL MAN)
0
    昨日も結局、新しい映画は見れなくって、今週は、見ないで返さないといけないDVDが2本。
    題名は、伏せておきますが、また、借りてこよっと!(^^;

    で、今日は、またまた、古いのですが・・・・
    そして、これまた、賛否両論、いろいろですが、私は、好きです。テーマは、「人の命」といった事なのでしょうか?

    一番最初に見たときは、確か、ほとんど前知識無しに見たので、良くあるロボットが反逆ってのかと思ってました。
    オープニングも、そんなのを意識してか、ターミネイターっぽい雰囲気のロボットを製造する場面から。

    でも、直ぐそんな映画ではないって事がわかり、ある家庭に買(飼)われたロボットが、主人と下の子供には、好かれて、徐々に、人間になりたいと思い始める。
    時代を超えて、ロボットが愛した家族たちは、どんどん死んでいって、永遠の命って寂しいなって思い、寿命を自分自身に持たせてしまう。

    実際にあんなアンドロイドが存在して、「寿命がある体にしたから人間としての権利を与えてくれ」って言われても無理だと思うが、まあ、そんな事を考える映画じゃないんだと思う。
    その辺りで、引っかかっちゃうとこの映画は、あまりよろしくない映画になっちゃうんだろうなって思う。

    最初の方で、ロボット3原則が出てくるが、その中に、「ロボットは、わが身を守る」とあるが、この原則からして既に、人間っぽい扱いですよね。
    掃除機や洗濯機が、わが身を守るなんて絶対ありえないですもんね。同じ機械という扱いなら、人間に危害を与えちゃまずいけど、購入者がロボットを壊すのは、全然問題ないはずだし、使い物にならないと判断したら、壊れろって命令するのもありなんじゃないかと・・

    おっと、なんかこの映画嫌い派になってる。よく考えるとそうなんですが・・(^^;;;
    まあ映画なんで、あまり深く考えずに、「終わりがある人間って美しい」って事が言いたかったのかなって。200年でも300年でも生きていたいって思ってましたが、みんなが200年、300年の長生きなら良いんでしょうが、自分だけが、長く生きるってのもちょっと辛いのかも知れませんね。


    さわり
    監督:クリス・コロンバス
    出演:ロビン・ウィリアムズ (アンドリュー)
        エンベス・デイヴィッツ (アマンダ/ポーシャ)
        サム・ニール (リチャード)
        オリヴァー・プラット (ルパート・バーンズ)


    舞台は近未来。サンフランシスコ郊外に住むマーティン一家に家事専用ロボットのNDR14(ロビン・ウィリアムズ)が届けられ、アンドリューと名付けられる。しかし、人間的感情をもち備えているアンドリューは、やがて人間でありたいと強く願うようになり、自分と同じようなロボットを探す旅に出る…。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    アンドリューNDR114

    ネットサービスに関するアンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | ヒューマン | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/345012