RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< ソウ (SAW) | main | 風の谷のナウシカ (WARRIORS OF THE WIND) >>
ソウ2 (SAW II)
0
    鑑賞日:2006/8/3

    昨日の予告通り、今日は、「ソウ2」。
    昨日の「ソウ」のコメントにも書いたけど、2を見ると1の価値が高まります。絶対に、1を見てから見るべきだと思います。

    冒頭、1を思わせる暗いシーンから始まり、おお、やるなって、思わせておいて、実は、1のようにここから物語が始まるわけではなく、そのままあっけなく死んでしまいました。(^^;
    この後の話とはまったく関係なく、何で、こんなシーンがと思いましたが、1と雰囲気をあわせたかったんでしょう。

    今回は、監禁者が多く、1つの部屋から徐々に広い空間に出て行くっていう、1とは、まったく違った感じで、何かテレビゲームをやってるようでした。
    監禁者の特に詳細な説明とかはなく、ストーリー性よりゲーム性を重視してるといった感じです。

    ラストのオチは、いろいろ凝っていて、一部予感出来る部分もありましたが、それなりに、考えられていて、1へと繋がっていく作りは、結構堪能出来ました。
    ある意味、1より面白かったと感じたのですが・・・

    巷の評判が、ちょっと気になったので、見てみたら、意外に、評判悪いんですね。(^^;

    確かに、途中のトリックは、単に殺す事だけが目的になってるような感じで、厚みが無かったと気もしますが、ラストへと向けての1へと繋がっていくくだりは、1の時から考えてあったかのように、スムーズに繋がってると思います。
    どうも、私は、1の方の死体で、8時間も寝てるっていうあまりにも強引な展開に、違和感があり、これで、1の方は、評価が少し下がってます。

    ただ、どちらにしても、あまりこの手の映画を見ないこともあり、久しぶりに謎解き的な面白さを味わえるいい作品だと思います。


    さわり
    監督:ダーレン・リン・バウズマン
    出演:ドニー・ウォールバーグ (エリック・マシューズ)
        ショウニー・スミス (アマンダ)
        トビン・ベル (ジグソウ)
        フランキー・G (ザヴィエル)
        グレン・プラマー (ジョナス)
        ディナ・メイヤー (ケリー)
        エマニュエル・ヴォージア (アディソン)
        ビヴァリー・ミッチェル (ローラ)
        エリック・ナドセン (ダニエル)


    目覚めたら出口の無い館に閉じ込められていた8人の男女。ジグソウの囚人たちが新しいゲームに臨んでいた。ゲーム開始と共に遅効性の毒ガスが館内をめぐっていく。2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入り注射器を手に入れないと死んでしまう。8人の男女は注射器を手に入れられるのか?
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    ソウ2 DTSエディション

    ブログに関する簡単アンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | サスペンス | 20:06 | comments(5) | trackbacks(2) | - | - |
    ・・・ですよね(笑)。<1から見る
    制作サイドの話では、続編は最初からあったようですしね。
    2でも正直、おぃおぃ!っていうツッコミどころはいくつかありますが、
    そこをしつこく言うてたら、漫画でもそうだし、映画なんか成立しませんしね。
    ダイハードにしたってターミネーターにしたって、
    何でもそうですが、「んなアホな!」っていうのはお約束(笑)。
    手品でも最初からタネがどうなってるかなんて考えてたら萎えますしね。

    ボクの周囲では評判はまずまずでしたけどね。
    事実、ソリッドシチュエイションというジャンルも確立したし、
    類似映画がやたらめったら登場してますもんね(汗)。
    因みに「SAW ZERO」なんていう、まるっきり関係ないのまで出る始末で(笑

    この手の作品が面白いと思えたのであれば、
    この手の元祖に近いとも思われるドイツ映画「es」なんかオススメですよ。
    結構話題になったんで、既に見られてるかもしれませんが(^-^;)。
    こちらも正直、1つ、どうしてもあり得ない!っていう話が
    根底にあるんですが、心理としては非常に興味深かったデス。
    | yass | 2006/08/04 6:29 AM |

    > yassさん

    どうも。

    続編、最初からあったんですね。なので、繋がりがよかったのか。
    私も、ツッコミどころはあっても、良いと思っています。ターミネーターなんて、そもそも何で、あの時代なの?とか、言ってたら、映画作れないですからね。

    ただ、人それぞれ、許せるか許せないかがあって、そういうところでも、それぞれの評価が変わってくるので、またそれは、それで、面白いのだと思います。

    漫画って言えば、「タッチ」だったか、兄弟がいないはずの人に途中から兄弟が出来たり。連載長くなると忘れてしまうみたいですね。きちっと、してる漫画家さんもいると思いますが・・

    「ソリッドシチュエイション」って、言うんですか?知らなかった。(^^;

    「es」は、まだ見てないです。タイトルは聞いた事ありますが・・
    見つけたら、見てみますね。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/08/05 7:56 AM |

    いないはずの・・・っていうのは「タッチ」の前の「みゆき」ではないか、と(汗
    でもアレはいないハズだったかな・・・うる覚え(^-^;)。

    映画ファンなリッチフィッシュさんなら、間違いなく、
    ある1箇所だけ、納得行かないだろうな、と予測します(笑)。<「es」
    でも、作品としては興味深いし、各々の想像?次第で、ヒヤっとします(謎

    ソリッドシチュエイションは・・・
    blogでSAWを紹介した際、説明してあるです〜。
    | yass | 2006/08/05 8:23 AM |

    ども

    「みゆき」の方かも。そして、確かに「いるはず」だったかも?(^^;
    ちょっと、気になるので、調べてみようかな?
    コミック行方不明だけど・・(爆)

    「ソリッドシチュエイション」読んでみました。
    そちらに、レビューがあるかも知れないって事を、忘れていまいた。

    まだ、自分とこの記事、書くのが精一杯で、よそのブログを検索してってなかなか出来ないんですよね。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/08/06 2:29 AM |

    引用
    私は、1の方の死体で、8時間も寝てるっていうあまりにも強引な展開に、違和感があり
    >それは筋肉緩和剤をつかっているから耐えられる
    | Shin | 2008/01/04 1:49 PM |










    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/329892
    SAW3 怖すぎて公開危機
    SAW3は、米ホラー映画。 怖すぎて公開危機にあっている。 SAWの1と2のあらすじは以下の通り。 目が覚めると、部屋の中央には死体。 対頂隅には足を鎖で繋がれた二人。 与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギ
    | 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場 | 2006/10/10 9:07 PM |
    真・映画日記(1)『ソウ2』
    11月25日(土) 7時に起き、日記を更新。 そのあとちゃっちゃと前の晩に借りたやつを見ればよかったが、 寝たり起きたりグズグズする。 『ソウ』を見る時間がないので『ソウ2』だけ見ることにした。 去年、劇場で見たけどほとんど忘れてましたね。 監督は
    | CHEAP THRILL | 2006/12/15 7:37 PM |