RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (WALK THE LINE) | main | ソウ2 (SAW II) >>
ソウ (SAW)
0
    鑑賞日:2006/8/2

    ホラーと思っていたけど、ミステリーまたはサスペンスでした。
    前にも書いたけど、こういった分類分け、よく分からないんですが(^^;、夜中にトイレにいけなくなる映画ではないです。
    ただ、ちょっと胃がおかしくなるかも・・

    ラストのオチは、想像できなくって、終わった直ぐは、すごいって思ったけど、よく考えると、8時間近くもじっと死体になってるわけで、ちょっと無理があるんじゃないかな?
    ましてや、途中ガラスとか割ったりしてるので、運悪く破片が、首なんかに飛んできたりしたら・・・死体のフリじゃすまなくなりますよね。(笑)

    オープニングの引き込ませ方は、前評判通りにグッと引き込ませてくれて、よかったと思う。
    「フォーン・ブース」のように(こちらは電話ボックス)、バスルームのシーンで最後まで行くのかとちょっと不安だったが、違う場所の場面もあり、一応、ストーリーがありました。
    私は、見る前は、ストーリーらしいストーリーは、無いんじゃないって、考えてたので、所々ツッコミ所はあるものの、よく出来た脚本だと思います。

    そうそう、子役の女の子は、どこかで見たことあるなーと考えていたら、思い出しました。「天使のくれた時間」のあの可愛らしい演技をしてた子ですね。
    可哀想に、この映画では、泣いてばかりいました。

    明日のレビューは、同時に見るのが良いということで「ソウ2」の予定です。


    さわり
    監督:ジェームズ・ワン
    出演:ケイリー・エルウィズ (Dr.ゴードン)
        ダニー・グローヴァー (タップ)
        モニカ・ポッター (アリソン・ゴードン)
        リー・ワネル (アダム)


    老朽化したバスルームで対角線上に倒れていたふたりの男ゴードンとアダム。その間には自殺死体が。足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。犯人から告げられたメッセージは「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」。犯人はジグゾウ。警察に追われている連続殺人鬼。彼がこれまで犯した犯罪とは…そしてふたりの運命は…。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    SAW ソウ DTSエディション

    ブログに関する簡単アンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | サスペンス | 23:31 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    ついに見ましたか〜。そう、ホラーという触れ込みが多いですが、
    サスペンス映画ですよね、どう見ても。

    ってか、思い切り記事がネタバレなんで(汗)、ボクももう書きますが、
    最後のあのオチはさすがに無理がありそうですね。
    人によって色々見解も違うようで・・・
    実はキッカリ8時間くらい仮死状態になるように
    薬?を注射してたんだ!とか、
    老人なんで動かなくても大丈夫なんだ、とかいろいろと(^-^;)。

    しかし、2はさらに面白いデス( ̄ー+ ̄)。
    ただし、1と同じようなポイントで1と同じように
    それはどーよ?的なところも出てくるんですが、
    自分はそこを度外視して十分見ることが出来ました(^-^;)。
    | yass | 2006/08/03 1:27 AM |

    > yassさん

    しまった。うっかりしてました。(^^;
    しっかり、ネタバレですね。

    まあ、でも今、2の方、見終わったんですが、繋がりが最高ですね。
    2の方は、また書きますが、1のネタを知ったとしても、その他周辺の話で、見る価値はあるかなと・・

    それに、2の価値を高める為には、yassさんが、言ってたように、絶対に1から見るべきですね。

    2を見終わって、1の価値が高まりました。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/08/03 3:56 AM |

    ネタバレさせた事に動揺して、コメントの内容に対するコメントをしてないことに気が付きました。(^^;

    一番良い場所で見るということで、仮死状態はまずいですよね。
    だって、見れないですもんね。(笑)

    あんな状態で、じっとしてたら思わず寝てしまって、途中、ビクッとかしたら、面白いですよね。
    ショートで、パロディーなんて作れそうです。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/08/03 6:12 PM |

    そうですよね。犯人の目的の1つが、一番の席で
    「ゲーム」を傍観するってことだったんで、
    あんな体勢じゃ見られないんじゃ?とか思いますしね(汗)。
    で、物語としては、全くあり得ない話でも良いと思うんですね。
    要するに生きるべき人、生きたい人間が死んでしまうのに、
    死ぬべき人、死にたい人間が生きているという、
    矛盾?をハッキリさせる・・・生きているっていう価値を
    もっと人間は知るべきだっていう概念が一番重要だと思いますしね。
    | yass | 2006/08/04 6:22 AM |

    > yassさん

    そうそう、この映画のコンセプトは、書かれているようなことだと思うので、そこがしっかり描かれていれば、良いんじゃないかなって思います。

    ネタバレさせた言い訳にもなりますが(^^;、この映画は、ラストのオチを知ったところで、面白くなくなるかって分けではなく、全体の構成が素晴らしいと思います。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/08/05 7:39 AM |










    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/329390