RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< マイ・ラブ・リンリン (Ring Ring) | main | 南極日誌 (ANTARCTIC JOURNAL) >>
恋のミニスカ ウエポン (D.E.B.S.)
0
    鑑賞日:2006/6/30

    お色気B級映画と思って借りたが、意外に面白かった。

    "DEBS"の4人の個性豊かな女の子たちが「ルーシー・ダイヤモンド」という名のこちらも女の子なのだが、元KGBでフリーの殺し屋「ニノチカ」に接触しようとしているので、監視して、目的を確かめろと指示される。

    「ルーシー・ダイヤモンド」は、悪名高き"ジェファー家"の生き残りで、武器の横流しや、密輸にギャンブル、得意技はダイヤ泥棒と極悪人。彼女と戦って生きている者はいないと言った前ふりだ。

    しかし、実際は、泥棒とかはしているようだが、殺人とかは行っていなく、「ニノチカ」にあうのも日本風に言うとお見合いで、「ルーシー・ダイヤモンド」は女性が好きなのだ。
    で、メインのストーリーは、その「ルーシー・ダイヤモンド」と"DEBS"の一人「エイミー」との恋物語だった。

    女性同士の恋の話なので、女性にはどう映るのか分からないが、出演の女の子たちが非常に可愛くって、非常に楽しめる内容だった。


    さわり
    監督: アンジェラ・ロビンソン
    出演: サラ・フォスター (エイミー)
        ジョーダナ・ブリュースター (ルーシー)
        ミーガン・グッド (マックス)
        デヴォン青木 (ドミニク)
        ジル・リッチー (ジャネット)
         ジェフ・スタルツ (ボビー)
        ジェシカ・コーフィール (ニノチカ)
        マイケル・クラーク・ダンカン (ミスター・P)
        ホーランド・テイラー (ミス・ピートリー)


    大学進学適性に紛れた秘密のテスト。それは、生徒の読み書き・計算といった後天的な能力を測るのではなく、持って生まれた先天的な才能、中でも「嘘」「欺き」「戦い」「殺人」の4つを調べる。これらの項目で高得点を取ったものは、秘密の準軍事学校へ勧誘され、極秘の機関で訓練される。
    ある時は、「魔女」またある時は「スパイ」そしてまたある時は「夢見る乙女」と彼女たちは、呼ばれる。しかし、その実態は、"DEBS"

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    恋のミニスカ ウエポン

    『I Love 映画.com』無料会員登録募集


    | ラブコメディ | 23:57 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
    これDVD買ってみちゃいました〜。
    思いっ切りB級だし、ストーリーもアクションもメチャメチャなんだけど、なんだか面白くて、ホンワカして、見終わった後、ちょっと幸せな気分でしたよ(笑)。
    なんでしょうね〜。
    エミーとルーシーをいつの間にか応援している自分に笑っちゃいました。
    しかし、サラ・フォスターとジョーダナ・ブリュースターの抱擁シーンは美しかったです。
    かなりお気に入りになりました。
    | 黒狼 | 2006/08/07 12:50 AM |

    > 黒狼さん

    コメント、ありがとうございます。
    リンク先が、このページになってますが、ホームページとかブログとかってないのでしょうか?

    さて、この映画ですが、なんかいいですよね。
    私も、エミーとルーシーを応援してました。
    エミーの元彼(?)が近づいてくると何かうっとうしくて・・(笑)
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/08/07 6:06 PM |










    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/306469
    【裏】作曲の王道 サム・ドナヒュー / FOR YOUNG MODERNS IN LOV
    New! ●第22回−ジャズ サム・ドナヒュー / FOR YOUNG MODERNS IN LOVE 〜僕としては、デートの時のバックミュージックはこれ〜
    | (裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー | 2007/01/24 8:55 PM |