RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< 映画 「TRIVIA」 PART 3 | main | スプラッシュ (SPLASH) >>
10日間で男を上手にフル方法 (HOW TO LOSE A GUY IN 10 DAYS)
0
    鑑賞日:かなり前

    確か、「ケイト・ハドソン」を始めて見た映画だと思う。かなり前に見たので、詳細は、忘れているが、結構楽しめた作品だった。

    女性雑誌の編集者が、本当は、政治問題を書きたいのだが、いつもHOW TO物を書かされる。
    今回は、「10日で男性をフル方法」という企画になり、実際に試して、記事にするといった内容だ。

    この企画で成功すれば、次は、好きな内容で書かせてもらえると言う編集長の言葉にハッスルするが、実験の男性に徐々に思いを寄せると言った感じだった。
    エンドは、想像通りのまあ、ありふれた内容ではあるのだが、こういうありきたりなラブストーリーは、好きだ。

    ただ、マシュー・マコノヒーは、悪くは無かったが、ちょっと、イメージ違うかなという気もした。


    さわり
    監督: ドナルド・ペトリ
    出演: ケイト・ハドソン (アンディ・アンダーソン)
        マシュー・マコノヒー (ベン・バリー)
        キャスリン・ハーン (ミシェル)
        アニー・パリッセ (ジェニー)
        アダム・ゴールドバーグ (トニー)


    アンディは、政治問題を記事にしたいと思っているが、いつも“HOW TO”ものを書かされる。
    しかし、“HOW TO”ものをヒットされれば、次は、書きたいものを書かせてもらえると編集長に約束をもらう。

    一方、広告会社に勤めるベンは、次の女性向の仕事をどうしても取りたくて、上司と10日以内に女性を口説き落とせたらその仕事を任せると約束してもらう。

    そんなアンディとベンは、互いの本心も知らずに、近づき、そして形ばかりの付き合いを始めるのだが・・・・


    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション

    『I Love 映画.com』無料会員登録募集


    | ラブコメディ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/300883