RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< クリスティーナの好きなコト (THE SWEETEST THING) | main | セブンソード (SEVEN SWORDS) >>
ブリジット・ジョーンズの日記 (BRIDGET JONES'S DIARY)
0
    鑑賞日:かなり前

    唐突ですが、実は、「レニー・ゼルウィガー」のファンなんです。
    1本ぐらいは、このブログで書いてると思ったら、全然書いてないですね。(多分)
    と言う事で、本日は、「ブリジット・ジョーンズの日記」。(もしかしたら、「レニー・ゼルウィガー」の事になってしまうかも)

    一番最初に「レニー」を見たのは、「エンパイア レコード」だった。でも、この時は、まったく関心なく、主役の「リヴ・タイラー」に目を奪われていた。
    で、その後も、「ザ・エージェント」や「プロポーズ」を見ているのだが、特にファンと言うわけではなかった。
    じゃあ、どの時点で、お気に入りになったか?
    それは、「ふたりの男とひとりの女」だった。でも、どこが気に入って好きになったかは、よく分からない。(^^;
    また今度、「ふたりの男とひとりの女」をレビューして、どこが気に入ったかは、みつけたいと思う。

    で、この映画「ブリジット・ジョーンズの日記」。「この女優好き」みたいな話を、家内にした時期に、丁度、封切られたので、映画館へ行く事にした。

    前置きが長くなったが、映画の話。
    出だしのパジャマ姿でのドラムシーン(?)から始まり、途中消防の中継のお尻のシーン、マークとダニエルの喧嘩でガラスを割るシーンと、私は、恋愛映画は、DVD(この頃はビデオ?)で十分と思っていたけど、認識を改めました。
    映画館の大きなスクリーンで見ると、やっぱり恋愛映画でも迫力あるなと思った。特に、ガラスが割れて二人が飛び出してくるところ。思わず見ながら、よけていた。(笑)

    ラストの雪の中を下着姿で、追っかけるところは感動的だった。「レニー・ゼルウィガー」のファンなので、ちょっと点があまいですが、最高の出来です。(-_-;
    でも、「TSUTAYA」でも、しばらくは、借りれない状態だったので、人気はあると思うけどなー。


    さわり
    監督: シャロン・マグアイア
    出演: レニー・ゼルウィガー (ブリジット・ジョーンズ)
        コリン・ファース (マーク・ダーシー)
        ヒュー・グラント (ダニエル・クリーヴァー)
        ジム・ブロードベント (ブリジットの父)
        ジェマ・ジョーンズ (ブリジットの母)

    「ブリジット・ジョーンズ」は、32歳の独身女性。周りからは「早く結婚しなさい」とうるさい。
    子供の頃、一緒に裸で水遊びしたという腕利きの弁護士、「マーク・ダーシー」をママから紹介される。
    しかし、ブリジットは、マークの着ていたトナカイのセーターが妙に気になった。

    そんな事があった後、ブリジットの上司で、編集長の「ダニエル・クリーヴァー」に食事や旅行に誘われいい仲になる。
    しかし、この時は、ダニエルが、マークの婚約者を寝取ったとは、まったく知らなかった。

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    半額半蔵 SEXY キャメロン・ディアス (『チャーリーズ・エンジェル』 『フルスロットル』 『クリスティーナの好きなこと』)




    | ラブストーリー | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/285406