RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< ビューティー・ショップ (Beauty Shop) | main | この女優が見たい! >>
男の香り (韓国映画)
0
    鑑賞日:2006/5/28

    いつも読んで頂いてて、そして、今日のタイトル「男の香り」を鑑賞された事ある方なら、きっと今日のレビューは、予測できると思います。
    こんな、悲しい映画は、好きじゃないです。

    でも、何故だか、心に残る映画かな・・ ハンカチ片手に涙したい人には、もってこいと思います。

    古い映画なので、「ネタバレ」でもかまわないですよね?

    「ヒョクス」と「ウネ」は、お互いに思いを寄せているのに、小さい時から兄妹のように、育ったせいで、思いを伝えられない。

    「ヒョクス」はいつも「ウネ」の為。
      始まりは、「ウネ」がレイプされた時から。
      復讐の為、暴行し、少年院へ。

    6年後、出てきて、待っていた「ウネ」と貧しいながらも幸せに暮らしました・・・となれば良いものを、「ウネ」を大学へ行かせたい。そんな、思いで、やくざの道へ。

    そして、順調に、幹部へ上がっていき、「早く結婚すれば良いのに」と、イライラしているが、そんな様子は、全然無く、大学で、いやな感じの「チョルミン」登場。
    まさか、結婚までとは、思わなかったが、そのまさかの「結婚」。
    やくざの旦那じゃ駄目だと思っているのだろうが、「ウネ」は、そんな事、全然思っていないはずなのに・・・。

    そして、「チョルミン」が、「ヒョクス」と「ウネ」は、血が繋がっていないと知ったあたりからの落ちて行くさま。
    「ウネ」への乱暴で、正当防衛だが、「チョルミン」を殺してしまう。その罪をまたかぶって、「ヒョクス」は、刑務所へ。そして、死刑。

    「ヒョクス」が、死んでしまう前に、2人は、面会で会うのだが、「ウネ」の「私を愛しているよね?愛しているって言って」・・・
    でも、「ヒョクス」は、最後まで「愛している」の言葉は無い。ただ、ここで、初めてまともなキスシーンで、少しだけ良かったと感じた。

    すごく、悲しい物語で、こういうのが好きな方には、最高な出来だと思う。

    最後に、「ヒョクス」は、子供を残していて、この子を「ウネ」が、お母さんと言って、引き取るエンドで、私の心は、救われた感じです。(^^)
    (「ヒョクス」に子供?の部分は、謎にしておきます。)


    さわり
    監督: チャン・ヒョンス
    出演: キム・スンウ (ヒョクス)
        ミョン・セビン (ウネ)

    「ヒョクス」は、12歳の時、「ウネ」と出会う。そして、「ウネ」の存在が大きくなり、一生を捧げようと心に決めた。

    ある日、「ウネ」は、レイプされ、その復讐で「ヒョクス」は、少年院に入る事になる。その6年後、「ヒョクス」は、釈放されるが、二人には、厳しい現実が待っていた。
    「ヒョクス」は、「ウネ」の為に、やくざの世界へと足を踏み入れ、やがて幹部へと登りつめる、任務で殺人を犯し、刑務所へと入ってしまう。

    一方、「ウネ」は、一方的に思いを寄せられる大学時代の先輩「チョルミン」から「ヒョクス」を刑務所から出すという条件で、結婚を約束してしまう。
    そして、これは、悲劇への始まりだった・・・


    明日の活力の為に、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    男の香り

    | ラブストーリー | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/280284