RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< エレクトラ (ELEKTRA) | main | 東京タワー >>
NOTHING ナッシング (NOTHING)
0
    鑑賞日:2006/5/12

    監督: ヴィンチェンゾ・ナタリ
    出演: デヴィッド・ヒューレット (デイブ)
        アンドリュー・ミラー (アンドリュー)

    概要
    デイブとアンドリューは、9歳の時からの親友同士。
    アンドリューは、当時から極度の心配性で、何でも怖がった。
    デイブは、極端に自己中心的で決して譲ろうとはしない。
    他の子供たちからは、完全に無視。
    そんな、2人が、互いに身を守る方法として、組む事に覚えツルムようになった。

    やがて、両親の死という悲劇に見舞われたアンドリューは、心配性が悪化して引きこもりになってしまう。
    その頃デイブは、ロックスターになりたいとがむしゃらになっていたのだが、誰にも認められることなく、夢破れた。
    全てをなくし、行く宛てのないデイブが転がり込んだのは、引きこもりのアンドリューの家だった。

    デイブは、生活に必要なものを外から運び、アンドリューは、せっせと家事をして、デイブをフォロー。
    落着いたデイブは、外でちゃんと就職した。アンドリューも家にいながら仕事が出来るネット旅行代理店を始めた。

    昔から社会になじめなかった2人でも、一緒にいる事でそれなりの幸せを見つけたのだ。しかし、何事も永遠には続かない・・・・

    感想
    すっかり、騙された。(^^)
    パッケージの写真と内容を読んで借りたのだが、何やら恐ろしげな、ホラーまでは行かないけど、ミステリーかサスペンス物なのかなと思い借りてみた。

    スタート前の静止画も家が、少しだけ消えていて、完全に怖い系の作品と思って見始めたのに・・・
    で、暗いバックに音も何も無い状態で「この映画の中の出来事は真実である」この辺りまでは良いのだが、この真実の文字が3回ぐらい出て、この辺りでおやって感じで、いきなりひょうきんな感じになり、何やら出演者の顔も下品。(笑)
    あれ、これってコメディなのと何やら意表を付かれてしまった。

    最初の30分ぐらいは、まだ、出演者もボチボチいて、デイブは、女性にはめられて、アンドリューは、子供にはめられる。で、緊迫状態の中、警察に2人はつかまるのか・・・
    この後は、最後まで2人だけ。それも、景色も家があるだけで、回りは、真っ白。最後に到っては、家まで無くなり、体まで無くなり・・・

    ドラえもんに、こんな話ありましたよね。(と言われてもドラえもんは、あんまり見ないかな?)
    ドラえもんの道具で、のび太が、いやなやつを段々消していって、最後には、ドラえもんまで消して、自分だけ・・・
    でも、ドラえもんの方は、最後は、みんな戻ってきて、ジャイアンに、いじめられるけど、いじめられる人が現れて、嬉しい・・と言った終わりで、これも、最後、そんな感じなのかなと思っていたら、そのまま何も無いままだった。

    ラストの亀が何か言いたげだったが、私には、よくわからない。
    途中の騙した女性やあの少女が憎たらしくて、最後、何か有るのかなと思ったが、そういう落ちではなかった。ちょっと、ストレス溜まった感じ。

    ブログランキングに登録してみました。押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    ナッシング

    | コメディー | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/266250