RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< 釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪ | main | タイムリミット(OUT OF TIME) >>
銀河ヒッチハイク・ガイド(THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY)
0
    鑑賞日:2006/4/26

    監督: ガース・ジェニングス
    出演: マーティン・フリーマン (アーサー・デント)
         サム・ロックウェル (ゼイフォード・ビーブルブロックス)
         モス・デフ (フォード・プリーフェクト)
         ズーイー・デシャネル (トリリアン)

    感想
    ストーリーは、はなからぶっ飛んでいるので、細かい事は、もうどうでも良いって感じで、面白かった。

    冒頭のイルカのショーのシーン。イルカは、ここだけであんまり関係ないが、賢いのは、人間が3番でイルカが2番、では1番は?と思わせておいて、後に引っ張るやり方は、うまいと思う。

    いきなり、地球が爆破されてという展開は、今までに無く斬新で、馬鹿馬鹿しい。だが、そんな馬鹿馬鹿しい映画にも関わらず、自然破壊とかいろんな問題提示をしているようにも思えて、考えされられる点も多い。

    主人公のアーサーの家が、パイパスが通るから壊されるという部分と宇宙的な規模でのバイパス作りで、地球が壊されるという役所の融通の効かなさ。地球規模でも宇宙規模でも違いはないというところが、妙に笑える。

    ただ、ここは、身につまされる部分でもある。丁度、住んでいる家に道路が通る計画がある。これは、何十年も前に決まった話で、今となっては、時代と共に状況が変わり、もう道路は、必要ではない。にも関わらず、道路を通す計画だけ残っている。本当に役所は、融通が効かないなと、この映画で改めて、理解した。(笑)

    アーサー役の「モス・デフ」は、「ミニミニ大作戦」でも、ちょっと気になった演技をしていた役者で、この映画でも独特の演技をしていると思う。

    後、随所に、どっかで見たなというシーンが多くあり、多分SF映画からのパロディが多いと思うが、特に「スターウォーズ」は盛りだくさんだ。ラストの音楽は、まったく一緒じゃないか?と思うぐらい似ていた。

    銀河ヒッチハイク・ガイド

    | コメディー | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/251076