RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< 私の頭の中の消しゴム (A MOMENT TO REMEMBER) | main | 同い年の家庭教師 (MY TUTOR FRIEND) >>
コーラス (LES CHORISTES)
0
    鑑賞日:2006/3/15

    監督:クリストフ・バラティエ
    出演:ジェラール・ジュニョ(クレマン・マチュー)
       フランソワ・ベルレアン(ラシャン)
       ジャン=バティスト・モニエ(ピエール・モランジュ)

    概要
    指揮者「ピエール」の母が亡くなり、葬儀の為、田舎へ戻った。そこへ、少年時代に過ごした寄宿舎"池の底"でいっしょだった「ペピノ」が尋ねてきた。
    「ピエール」が音楽への道を目指すきっかけになったマチュー先生の日記を持ってきたのだ。
    日記は、その先生が、"池の底"に就任して来た日から綴られている・・・

    感想
    素行の悪い生徒たちが、音楽を通して、改心していくという、ありがちな話だが、いい話でした。
    最後のほうで、紙飛行機を飛ばすところでジーンと胸を打たれた。(どうでも良い事だが、紙飛行機を全部拾っていかなかったのが、ちょっと気になった・・)
    その後のラストまでの場面で、年寄りが出てきて、一瞬??となったが、冒頭の部分で、年を取ったところから始まっていた事をすっかり忘れていた。(^^;
    再度、冒頭部分を見たら、最後とうまく繋がって、納得出来た。
    あの後、少年と先生は、どのように過ごしたのかがすごく気になったが、想像にお任せしますという事なのだろう。



    | ヒューマン | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/206702