RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< デンジャラス・ビューティー2 (MISS CONGENIALITY 2: ARMED AND FABULOUS) | main | トリプルX ネクスト・レベル (XXX: STATE OF THE UNION) >>
プライド 栄光への絆 (FRIDAY NIGHT LIGHTS)
0
    鑑賞日:2006/3/7

    監督:ピーター・バーグ
    出演:ビリー・ボブ・ソーントン(ゲイリー・ゲインズ)
       ティム・マッグロウ(チャールズ)
       デレク・ルーク(ブービー)

    概要
    1988年、テキサスでの実話。
    町で期待の高校生のアメフトチーム。
    大会序盤は、まずまずのスタートだが、エースのブービーが膝に怪我をして最大のピンチを迎える。
    はたして大会の行方は・・・

    感想
    冒頭で、ブービーがヘッドフォンをしてランニングしているシーンがあるが、ちょっと違和感を感じた。
    1988、確かにウォークマンはあったと思うが、イヤホンタイプと思う。耳を覆うタイプのヘッドフォンしていたので、そんなの無かったんじゃないかな?
    まあ、細かい事は、良いか。
    実話を元にしているので、しょうがないのだろうが、最後あれだけ盛り上げて、負ける展開は(ネタばれですみません)無いんじゃない?
    実話でよくあるパターンで、エンディングで「今は、何々をしている」というのもあったが、アメフトプロで活躍している人がいないなら、今の話もしなくて良いのでは?
    更に、翌年は州大会無敗で制覇したなら、翌年の話を後半にもって来るべきでは?(監督なり選手が2年連続活躍の人がいないからかな?)と、疑問点・不満点も残る作品でしたが、最後の試合シーンまでは、それなりに良かったと思う。最後の詰めをミスった気がする。
    ただ、この辺りは、反論ある人もいるだろーなと思っている。私自身が映画監督の伝えたい事をうまく読み取っていないのかもしれない。最後の方で、アメフトの監督が、「勝つことが大事じゃなく、過程が大事」みたいな事を言っていたと思うので、そういうことなのかもしれない。


    | スポーツ | 12:56 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/196149
    「プライド 栄光への絆」
     アメリカ・テキサス州のある街が舞台。 その街は、高校のアメリカン・フットボールチームを中心に回っている。 毎週金曜日にはお店はお休み。 スタジアムにいるという張り紙が、いろいろな店の入り口に張られる。 高校のコーチは校長より高給取りとうわさだし、
    | don't worry!な毎日 | 2006/03/26 10:38 PM |