RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
<< ブレイド 3 (BLADE:TRINITY) | main | ザ・インタープリター (THE INTERPRETER) >>
ミリオンダラー・ベイビー (MILLION DOLLAR BABY)
0
    鑑賞日:2006/3/2

    ずっと貸し出し中で、なかなか借りれなかった作品。やっと、見ること出来ました。
    今日の分からは、調べられる範囲で、監督、出演者も記載していこうと思います。
    監督:クリント・イーストウッド
    出演:クリント・イーストウッド(フランキー・ダン)
       ヒラリー・スワンク(マギー・フィッツジェラルド)
       モーガン・フリーマン(エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリス)

    後、文中にアマゾンのアイコンがありますが、購入を勧めているわけではなく、そちらに飛ぶともう少し詳しい事とか分かるので、載せています。私自身もレンタルしてみている身なので・・・。(^^;

    概要
    ボクシング・ジムのオーナーであり、トレーナーのフランキーは、今、才能あるボクサーを育てていた。しかし、慎重すぎて、栄光を急ぐボクサーは、離れていってしまう。
    そんなある日、ボクサー志望のマギーが、ジムの門をたたく。
    フランキーにトレーナーになってくれと志願するが、「女性は教えない」とかたくなに拒んでいた。
    しかし、彼女の熱意に負け、トレーナーを引き受ける事に。
    彼女は、「ボス」と呼び、徐々に、親子のような信頼関係を築いて行き、試合のほうも順調に勝ち進んでいくが・・

    感想
    確か、アカデミーも取って映画としては、すばらしい作品なんだと思います。
    でも、やっぱり、最後は、ハッピーエンドじゃないと私の個人的な評価は、駄目です。(といっても、ラスト・プレゼントみたいな終わり方は良いと思いますが・・)
    何となく予告で、最後は、予想できたのですが、もっと感動する終わり方をするのかと思っていました。
    全然すっきりせずに終わってしまった。
    最後は、チャンピオンになれとまでは、言わないけど、やっぱり元気な姿で復活ぐらいはして欲しかった。

    | ヒューマン | 19:34 | comments(3) | trackbacks(1) | - | - |
    初めて記事に関連のトラックバックがついて嬉しかったので、早速「kimion20002000」さんブログ「サーカスな日々」にコメントをさせていただきました。
    ありがとうございました。

    その時に、あちらのブログは、自動書き込みを防ぐために、パスワードみたいなのを入れるようになっていたので、自分のブログのコメント書き込みは、どうなっているのか試した方が良いと思い、本文中に書かずにコメント書き込みで、試しています。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/03/08 8:21 PM |

    コメ&TBありがとう。
    ちゃんと、届いていましたよ(笑)パスワードの有無も、あんまり僕もわかっていないけど。
    物語の解釈は人それぞれで。だけど、ハッピーエンドがどうかと言うのは、作り手の世界観だと思うけどね。それぞれの世界観をどう感じ取るかというところだと思うな。
    | kimion20002000 | 2006/03/09 1:36 AM |

    コメントありがとうございます。
    そうですね。ハッピーエンド、とらえ方も人それぞれなんでしょうね。
    言われてみれば、ハッピーエンドという言い方で言うなら、悔いの無い人生全うしているので、彼女の中では、ハッピーエンドなのかもしれないですね。

    数週間前から映画の事で、いろいろ書いていて、他の人の感想とかも読む機会が多くなり、やっぱり感じ方もそれぞれだなと思います。
    | リッチフィッシュ(管理人) | 2006/03/09 11:18 AM |










    http://blog.fuku-kami.jp/trackback/189692
    NO.113「ミリオンダラー・ベイビー」(アメリカ/クリント・イーストウッド監督)
    「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。 イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、こ
    | サーカスな日々 | 2006/03/08 4:02 PM |