RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
風の谷のナウシカ (WARRIORS OF THE WIND)
0
    今週レンタルしてきた分のDVDを見終わってしまったので、今日は、持ってるDVDから「風の谷のナウシカ」
    といっても、もう、古い作品だし、いたるところで語られていて、あんまり私から語ることも少なそうだし・・
    というわけで、特典でついている、もう1枚のDVDの内容を・・

    一番のメインは、「絵コンテ」で映画全部を見れるのがついてます。こんな、説明じゃわかんないですね。(^^;

    あんまり裏舞台詳しくないので、わかんないですが、「絵コンテ」なので、色もほとんど付いてなくて、下書きレベルに等しいのですが、それを紙芝居のように、映像でつなげて、でも、音声は、映画と同じのがつけてあります。
    キャプチャー機能もあって、見たいところから見たりも出来ます。調味ある人には、最高じゃないかな?
    でも、私は、退屈で、最後まで見れてません。(^^;

    後、「ジブリはこうしてうまれた」。
    私は、これが一番面白かったですが、「風の谷のナウシカ」がどのように誕生したか、「スタジオジブリ」が、どのようにスタートしたのかを語っています。

    1998年7月に「日本テレビ」で放送された「ジブリがいっぱいスペシャル」の一部を再編集したものらしいので、見た人もいるかもしれません。
    でも、再編集してるので「千と千尋の神隠し」の時代まで、少しだけですが語ってます。


    このDVDずっと前に買ったのですが、特典の方見たのは、今回初めてで(^^;、初めて聞いた事もいっぱいありました。
    ジブリ作品としては、「天空の城ラピュタ」が一番最初とか「トトロ」は、「ところざわのとなりのおばけ」が縮まったとか・・(なんか、ちょっと変ですが)
    もちろん、ジブリは、何処からつけたの?と言った説明もあります。

    「ハウルの動く城」の時に、ジブリファンって書いたのですが、大した事無いファンでした。(^^;

    あっ、そうそう、最後に、「風の谷のナウシカ」映画が気に入った人で、漫画の方を読んでない方は、ぜひ読んでみてください。
    さらに、映画のほうが好きになると思います。


    さわり
    監督:宮崎駿
    声の出演:島本須美 (ナウシカ)
           辻村真人 (ジル)
           京田尚子 (大ババ)
           納谷悟朗 (ユパ)


    腐海(ふかい)と呼ばれる毒の森とそこに棲む蟲(むし)たちに支配された世界。辺境の王国・風の谷には、自然を愛で、蟲とすら心を通わせる少女ナウシカがいた。腐海を焼き蟲を滅ぼそうとする大国の争いに巻き込まれながらもナウシカは、人を愛するのと同様に蟲たちをも愛そうとする…。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ
    風の谷のナウシカ

    ブログに関する簡単アンケート
    簡単なアンケートに答えてその場で10万円が当る♪

    | ジブリ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    耳をすませば (WHISPER OF THE HEART)
    0
      再鑑賞日:2006/7/12

      たまには、アニメという事で、ジプリ作品から「耳をすませば」。
      ジブリ作品だけど、これは、ごく普通の中3の少女が、ごく普通の現代を舞台にした作品です。
      プロデュースはしてますが、監督も、宮崎氏ではないです。

      内容は中学校の頃、皆が悩む「恋」「受験(勉強)」「将来の夢」といったテーマを中心に、ごく普通の出来事を綴っているのですが、妙に良いんですよね。
      今現在、中学生の方が見るとどうなのか、わからないですが、私なんかが見ると、もう、すっかり中学時代の純粋な心は無いのに(その頃もあったのか?(汗))、その頃の記憶が蘇えってきて、良い感じの和やかな気持ちにさせてくれます。
      こんな映画が好きとか書くと、ちょっとこっぱずかしい気もしますが、普段の疲れを取り除いてくれ、心穏やかにしてくれる、そんな作品です

      さわり
      監督: 近藤喜文
      声の出演: 本名陽子 (月島雫)
             高橋一生 (天沢聖司)
             小林桂樹 (地球屋主人(西司朗))
             露口茂 (バロン)
             立花隆 (月島靖也)
             室井滋 (月島朝子)
             山下容莉枝 (月島汐)


      雫は中学3年生。両親と大学生の姉とともに東京近郊の団地に住む、ごく普通の読書好きの女の子だ。
      そんな雫が親しくなった同級生の少年は、中学を卒業したらすぐに、バイオリン職人になるためにイタリアに渡ると言う。
      進路について深く考えていなかった自分に気づいた雫が、自分のやりたいこととして選んだのは…。
      (Amazon.co.jp で続きを確認)


      ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
      人気blogランキングへ
      耳をすませば

      『I Love 映画.com』無料会員登録募集


      | ジブリ | 23:04 | comments(10) | trackbacks(4) | - | - |
      ハウルの動く城(HOWL'S MOVING CASTLE)
      0
        鑑賞日:昨年 映画館にて、DVDは、ちょっと前

        監督: 宮崎駿
        声の出演:倍賞千恵子(ソフィー)
              木村拓哉(ハウル)
              美輪明宏(荒地の魔女)
              我修院達也(カルシファー)
              大泉洋(かかしのカブ)

        本日は、初のアニメです。
        ジプリ作品は、大好きなのですが、世の中にいっぱい良いサイトがあるので、書く事を少し躊躇っていました。
        でも、単に思った事、感想なので人それぞれで良いかと開き直る事にしました。

        概要
        主人公ソフィーは、18才。荒野の裾野に広がる町で生まれ育ち、亡き父の残した帽子屋を切り盛りしている。
        ソフィーはある日、街で美貌の青年と出会う。ソフィーと共に天へ舞い上がったと思うと、束の間の宮中散歩へいざなう。夢のような出来事に心を奪われるソフィー。
        しかし、その夜ソフィーは、「荒地の魔女」に呪いをかけられ、90才のお婆ちゃんに姿を変えられてしまう。
        このままでは、家にいられない!ソフィーは、ハウルの城があるという、人里はなれた荒地を目指すのだった・・・

        感想
        ジブリ作品は、「風の谷のナウシカ」を劇場で見て、オームが追っかけてくるシーンの迫力に、ビックリしていらいのファンです。(というか、家内がファンで、私は、付き添いかな?)
        私の中では、「天空の城ラピュタ」が、一番で、それは、今も変わっていません。ただ、どんな優秀な監督でも駄作はあるわけで、その時の時代背景だったり、やりたい事の転換期、スランプがあったり・・・そういう部分を追っかけながら作品を見ていくのも面白いかなと思います。

        さて、作品ですが、予告を見てもっとミステリアスなのかなと思っていたのですが、少女が呪いで、お婆ちゃんに変えられてと分かりやすい展開がちょっとガッカリのスタートでした。
        最初は、城から始まり、お婆ちゃんの真相が徐々に分かって行くという展開の方が良いように感じました。
        まあ、何かねらいがあるのかもしれませんが・・

        ただ、良く考えると後半部分は、ハウルの真相が段々分かって行くという展開なので、ミステリアスですね?2つの謎を解きながらの話だとくどいからそうしなかったのかな?今書いていて、思い始めました。

        後半部は、ソフィーが、若い時の姿になったり、白髪の若い時とか、おばあちゃん呪いは最後まで解けてないと思うけど、多分、気持ち的な部分を若い時の姿にして表していると思うのですが、その辺りが少し分かりにくいかなと感じました。

        ジブリ最高の出来というわけではないけど、ファンなら見て楽しいし、いろいろ批評も出来る作品と思います。


        ハウルの動く城

        | ジブリ | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |