RECOMMEND
RECOMMEND
コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク入門 (JUGEMレビュー »)
コンセプチュアル特殊メイク研究会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

福の神 映画のすすめ

毎日のようにレンタルしたDVDを見ているので、それについての感想です。年に数回は、映画館へも足を運びます。(^^;
感じたままを書こうと思っていますが、文章力は、大目に見てください。
ラブソングができるまで (MUSIC AND LYRICS)
0
    書くたびに、「久しぶりの書き込みです」って、始めている、トンとご無沙汰のこのブログ。

    映画鑑賞は、趣味なので、相変わらず見ているのですが、感想書くのは、そんなに得意じゃないので、ついつい遠のいてしまいます。

    じゃ、何で、やってるの?って、不思議な話ですが、何でやり始めたのだろう?(笑)

    確か、記憶では、マイサイトが持ちたくて、その時は、特に題材無かったので、勢いで、始めちゃったって感じだったと思います。
    ラブソングができるまで 特別版

    今は、「爆釣!ハンドメイドルアー」で、充実しているので、こちらにまで、手が回らないって感じです。

    で、久しぶりに書くのだから、昨日見て今一だった「ゲド戦記」(またその内書くかも)ではなく、私の得意なラブコメで攻めてみます。(笑)

    という事で、前置き長くなりましたが、「ラブソングができるまで」。
    本文は、短いです。(^^;

    ズーッと、鑑賞日を書いてきたのですが、いつ見たか、よく分からなくなっているので、今回から止める事にしました。
    必要なら本文に書きます。

    この手のラブコメは、途中退屈な部分がなく、ラストで、気分すっきりハッピーエンドになっていれば、私の場合は、十分満足です。

    オープニングは、「ヒュー・グラント」扮する「アレックス・フレッチャー」の昔のグループのプロモーションビデオ(?)が流れて、結構、本格的で、曲も良い感じです。

    「アレックス・フレッチャー」は、昔は、人気のアイドルグループだったけど、今では、遊園地とかどっかのパーティーで営業活動する落ちぶれた歌手になってます。

    「ドリュー・バリモア」 扮する「ソフィー・フィッシャー」は、その「アレックス・フレッチャー」の自宅の植木の世話係に、やってきます。
    何時もの植木の世話係が、お休みで、その代わりに・・・

    そんな時、今、話題のミュージシャン「コーラ」から、「アレックス・フレッチャー」は、曲作りの依頼を受けます。
    ・・・・・・・・ついつい、あらすじを書いちゃいましたが、何か、タドタドしいし、時間も掛かるのでこれぐらいで止めておきます。

    途中、曲を多重録音しているシーンがあるのですが、昔、バンドを組んでたりして、こういった音楽作りには、興味あるので、結構、興味深かったです。
    (確か、後1時間とか言っていた気がして、時間的な部分で、無理があるかなって事は、置いておいて・・(^^;)

    で、一気に、ラスト部に行きますが、曲の依頼を受けた「コーラ」のコンサートに「アレックス・フレッチャー」が、特別出演。

    「アレックス・フレッチャー」は、作詞は、苦手(書いたことが無い)という設定だか、作詞作曲をした曲をピアノの弾き語りで披露。
    この曲が、「ビリー・ジョエル」っぽくて、結構、気に入りました。

    後は、ラストに向けて、ぐんぐん盛り上げていって、見終わった後は、元気になれるそんな1本では、ないかと思います。

    人気blogランキングへ


    さわり
    監督: マーク・ローレンス
    出演: ヒュー・グラント (アレックス・フレッチャー)
        ドリュー・バリモア (ソフィー・フィッシャー)
        ブラッド・ギャレット (クリス・ライリー)
        ヘイリー・ベネット (コーラ・コーマン)


    一世を風靡した80年代は遠く去り、いまや、往年の“ギャル”たち相手にイベントを賑わせるしかない元ポップスターのアレックス。20年以上たった今も、彼の肩書きは、“解散した人気バンドPoPの元ボーカル”のまま、変化も進歩もいっさいなし。そんな時代に取り残された彼に、ついに返り咲きのチャンスが訪れた!若者に絶大な人気を誇るカリスマ歌姫コーラから、新曲を提供してほしいという依頼が舞い込んだのだ。とはいえ、彼の作曲の才能は長いあいだ放ったらかしにされたまま。しかも、作詞は大の苦手。
    (Amazon.co.jp で続きを確認)

    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
    人気blogランキングへ

    | ラブコメディ | 14:29 | - | - | - | - |
    ウエディング宣言 (MONSTER-IN-LAW)
    0
      鑑賞日:2007年5月初め頃

      結婚する前なので、嫁姑じゃないけど、分かりやすく説明すると結婚する前の嫁姑の争いの話。

      ラブコメディなんだけど、ラブな部分は、あんまりなくって、コメディーが主でした。
      ジェニファー・ロペス扮するチャーリーが、男性と出会うんですが、その出会いの話は、一目ぼれに近く、ほとんどなし。
      ウエディング宣言(特別編)

      いきなり、結婚話になっていて、その彼のお母さんとのやり取りが、非常に面白かった。
      ジェニファー・ロペスが、ケーキに顔を突っ込んだり、唇がバンバンにはれ上がるシーンとか、結構、笑えます。

      お勧め作品は、家族にも見せるのですが、家族と再度見てしまうぐらいの面白さはありました。
      でも、これって、劇場未公開なんですよね。何故でしょう?

      人気blogランキングへ


      さわり
      監督:ロバート・ルケティック
      出演:ジェニファー・ロペス (チャーリー)
          ジェーン・フォンダ (ヴィオラ)
          マイケル・ヴァルタン (ケヴィン)
          ワンダ・サイクス (ルビー)


      完璧主義のキャリアウーマン、メレディスは最高の恋人エヴェットと彼の家を訪れた。彼は家族に婚約者である彼女をお披露目するつもりだった……。だが、彼らを迎えたのは息子の将来の嫁に厳しい母、存在感の薄い父、妊娠中の長女、お酒とマリファナ好きな次男、素直になれない次女、そして、ゲイの三男などクセのある者ばかり。メレディスとストーン一家の波長はまったく噛み合わず、クリスマス・イブに理想の愛を探して大騒動が始まる!
      (Amazon.co.jp で続きを確認)

      ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
      人気blogランキングへ

      【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

      | ラブコメディ | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      40歳の童貞男 (THE 40 YEAR OLD VIRGIN)
      0
        鑑賞日:2007/2/2

        見たのは、先週なんですが、遅くなってしまいました。
        「40歳の童貞男」って、タイトル自体で、引いてしまう人は、引いてしまいそうな、見るからに下ネタな映画なんですが、確かに、そんな話でした。(笑)

        でも、思ったほどは、下品ではなく、コメディ色が強いラブコメって感じで、結構、面白かったです。
        40歳の童貞男


        電化製品屋さんで働く、アンディは、フィギュアやゲームが大好きな40才の童貞男。
        女性が嫌いなわけでは無いし、これまでに、そういったチャンスが無かったわけでもないけど、今になってしまった。
        ある時、お店に来たトリシュという女性に心惹かれるのだが・・

        そんな感じの話で、笑いの方は、久しぶりに大笑いをさせてもらったし、恋愛話も、小気味良いハッピーエンドで心温まる感じだった。

        ラストのトラックへ突っ込むシーンは、コメディなので、すんごく笑える展開にしてあるのだが、冷静に考えるとすごく危ない事なのだけれども・・・
        コメディは、こういった何でも笑いに変えてくれるというのか、笑えるように作ってあるかどうかで、評価が変わってくるのかなって思います。
        笑わせるつもりで作ってあって、笑えないって、コメディもたくさんありますから・・

        人気blogランキングへ

        さわり
        監督:ジャド・アパトー
        出演:スティーヴ・カレル (アンディ)
            キャサリン・キーナー (トリシュ)
            ポール・ラッド (デビッド)
            ロマニー・マルコ (ジェイ)
            セス・ローゲン (キャル)
            エリザベス・バンクス (ベス)


        40歳のアンディは大好きなフィギュアやTVゲームに囲まれていれば幸せな男。そんな彼が仕事仲間に童貞であることがバレてしまった。仲間はアンディのロスト・バージン作戦を決行しようとナンパの手ほどきなどのレクチャーを受けるが、どうしても女性に声をかけることができない。しかし、向かいの店で働くトリシュが来たときは不思議と会話がはずんだ。もしかして、これが恋?
        (Amazon.co.jp で続きを確認)

        ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
        人気blogランキングへ



        | ラブコメディ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        君に捧げる初恋 (CRAZY FIRST LOVE)
        0
          鑑賞日:2007/1/24

          テイルは、自分の母親のおっぱいを一緒に飲んでいた赤ん坊の時からイルメに恋をしている。
          学校の先生である、イルメの父親から「あそこに毛が生えたら、イルメを嫁に」と言われ、騙されて、「全国の高校生中3000番以内に入れば、イルメをくれてやる」と言われては、実現しても「イルメの大学は在学中に結婚すると退学になる」と引き延ばされ、「司法試験一次試験に合格せよ」・・・・と、無理難題を言われ実現していくのだが・・・

          と言った感じの、赤ん坊の頃から大好きなイルメと結婚する為、いろいろはちゃめちゃしてく映画です。
          前半、コメディーで、「ソン・イェジン」らしくない感じでしたが、後半は、いつもの「ソン・イェジン」のパターンになってました。
          君に捧げる初恋 特別版

          面白くないわけでは無かったけど、面白いって分けでもなく、ちょっと中途半端な感じがしました。
          「イルメ」自体は、「テイル」の事をそんなに好きなわけではないのかなって思っていたので、あのまま、友達のままで行くのかなって思ったのですが、そうでもなかった。
          ただ、このパターンで終わっていたら、本当につまらない映画になっていた気もしますが・・・

          で、ここからはネタバレといっても、いつもの事ですが(^^;、いつもよりかなりネタバレなので、注意ください。
          ラストは、思った感じで、引っ付いて、まあ、ハッピーだったわけですが、途中、「イルメ」は「テイル」の事を思って、別の人と結婚しようとするのですが、「テイル」と結婚しない理由は分かるのですが、じゃ、何で、あの婚約者とだったら結婚しても良いのかが、今一理解に苦しみます。

          違う人と結婚するって言う理由で、「テイル」と結婚しないんじゃなくって、違う理由、例えば、仕事が面白くなったとか、何か別の理由で、結婚しない事にしないとどうもしっくりこない気がするのですが・・・

          あの婚約者は、浮気性だから私がいなくなってもよいってぐらいの理由で、別に、それほど、思いがあるようにも見えなかったんだけど、なのに結婚するってのがよく分からないんですよね。あの婚約者は、不幸になっても良いのか?

          んーー、この辺りがちょっとモヤモヤが残っています。生きているうちに結婚だけは体験したかったのかな?


          人気blogランキングへ

          さわり
          監督:オ・ジョンノク
          出演:ソン・イェジン (イルメ)
              チャ・テヒョン (テイル)
              ユ・ドングン (ヨンダル)


          高校生のテイルは、初恋相手・イルメとの結婚成就しか頭にない問題児。担任教師でイルメの父親・ヨルダンは、彼を更正させようとある計画を練る。
          (Amazon.co.jp で続きを確認)

          ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
          人気blogランキングへ



          | ラブコメディ | 00:20 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
          恋人はゴースト (Just Like Heaven)
          0
            鑑賞日:2007/1/6

            新年、2作目もやっぱり、恋愛物。(^^;
            この作品は、劇場未公開のようで、見終わって、何で?ってぐらい良いお話で、楽しめました。
            ラブコメをみすぎた私にも、久々に新鮮な内容で、かといって、難解ではない、分かりやすいストーリーでした。

            妻に先立たれて死んだようになっていたデヴィッドが借りたマンションには、既に誰かが住んでいた。
            しかし、その先住者の彼女は、デヴィッドにしか姿が見えないゴーストだった。
            恋人はゴースト スペシャル・エディション

            いろいろ調べていくうちに、彼女の名は、エリザベス。
            仕事に誇りを持っている女医さんで、ある日、仕事帰りに交通事故にあってしまい、寝たきりの植物人間になっていた。
            2人で行動しているうちに、デヴィッドは、彼女の事が好きになり、妻の時は、何もしてやれなかった自分を後悔しているので、今度は、後悔したくないと彼女のために行動するのだが・・・

            元々、恋人同士だったわけではなく、ゴーストになった後に、知り合って、恋に落ちて行くって言うのが、結構、面白いかなって感じた。
            韓国映画で、寝たきりの彼氏がゴーストでみたいなのあった気がしたが、ちょっと思い出せない。でも、それとも雰囲気は、違ってた気がする。

            ネタバレになるが、ラスト彼女が、この世に戻ってきて、彼の記憶をまったく無くして、その後、思い出すのだが、この思い出す部分があっさりしすぎて、ちょっと物足りなかった。
            彼の記憶をなくして、彼が落胆する部分までは、かなり良い感じで盛り上げてたと思う。
            でも、ラストの記憶復活の部分の映像が少ないためなのか、今一ビンとこなかった。

            記憶復活の回想部分を、もうちょっと映像が分かりやすくって、量ももう少し多くして、キスまで繋げるって感じで、もっと感動的に出来たと思うのだが・・・
            NGシーンで、もう1つのラストがあって、こっちは、引っ付かないパターンだったので、もしかしたら、わざとすっきり終わらせてるのかも知れませんが、欲を言えば、もうちょっと感動的に終わらして欲しかったかなって思います。


            人気blogランキングへ

            さわり
            監督:マーク・ウォーターズ
            出演:リース・ウィザースプーン (エリザベス)
                マーク・ラファロ (デヴィッド)
                ディナ・ウォーターズ (アビー)
                ジョン・ヘダー (ダリル)
                ドナル・ローグ (ジャック)
                イワナ・ミルセヴィッチ (カトリーナ)
                ベン・シェンクマン (ブレット)


            もし天国へ向かう途中で、運命の人に出会ってしまったら…。スピルバーグ作品の製作陣、ラブコメ界屈指のスタッフが結集して贈る、とびきり切ない心温まるラブ・ストーリー!新しいマンションで、一人暮らしを始めたデヴィッド。最愛の妻を亡くした悲しみから立ち直れないでいる彼の前に、元気でキュートなゴースト、エリザベスが現れる。彼女の身元を一緒に探しているうちに二人の距離は次第に縮まっていくが…。
            (Amazon.co.jp で続きを確認)

            ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
            人気blogランキングへ



            | ラブコメディ | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2番目のキス (FEVER PITCH)
            0
              鑑賞日:2006/12/28

              「ウェディング・シンガー」「50回目のファースト・キス」が、大好きで、何となくそんなタイプの映画かと感じたので、結構期待して見てみた。
              それに「Snake River BMX」さんとこでも、割と良いって評価だったので・・・
              (実は、先でこの映画、見るつもりだったので、あんまりしっかりレビュー読んでません。(^^;これ書き終えたら、また、改めて読みに行きます。)

              期待度が大きかったので、期待ほどじゃなかったけど、でも、割と面白かったです。
              でも、ちょっと、タイトルの意味がわかんなかったです。何が、2番目のキスなんだろう?
              2番目のキス

              簡単には、「レッドソックス」大ファンの彼氏(ベン)とキャリアウーマンの彼女 (リンジー)の恋の物語。
              「メリーに首ったけ」の監督ってあったので、もうちょっと下品な映画かと思ったけど、割と「ドリュー・バリモア」っぽい映画に仕上がっていたと思います。

              ちょっと、腑に落ちない点が2つほど。
              ベンは、学校の先生で、一番最初に生徒と、リンジーの働く会社に、見学にやってきます。
              で、その時、リンジーに一目ぼれ。でも、それ程の美人なら、何で、恋のライバルがいないのか?
              デートに誘って、直ぐデートしちゃうし、直ぐ付き合いだすし・・・

              もう1つは、球場でリンジーにボールがデコに当たって、その時は、すごく腫れてるんだけど、直ぐに良くなってる事。
              まあ、こちらは、些細な事ですが・・

              ラストは、気持ちいいぐらいのありえないハッピーエンドで、でも、気分をすっきりさせてもらったので、こっちはOKです。
              最近、こんな感じのラブコメは、たくさん見てるので、なかなかベスト10とかには、なりませんが、それでも、両足まで入れれば足りるかな?(笑)


              人気blogランキングへ

              さわり
              監督:ボビー・ファレリー
              出演:ドリュー・バリモア (リンジー)
                  ジミー・ファロン (ベン)


              エリートのキャリアウーマンであるリジーは、ひょんなことから知り合った高校教師のベンに熱烈アプローチを受け、付き合うことに。優しくて愉快なベンは、これまでのエリートの彼と違い、一緒にいて楽しく、彼女は結婚を意識する。ところがふたりの関係は春になりあやしくなってきた。なんと彼はメジャー・リーグ、ボストン・レッドソックスの熱狂的ファン。彼女とのデートより試合を優先させるようになってしまったのだ。
              (Amazon.co.jp で続きを確認)

              ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
              人気blogランキングへ



              | ラブコメディ | 23:05 | comments(4) | trackbacks(2) | - | - |
              ジャスト・マリッジ (JUST MARRIED)
              0
                鑑賞日:2006/12/4

                昨日までのレビューは、先週借りた分で、今日の分からが今週分になります。
                かなり遅れてしまった・・(^^;

                本当は、今週は、少し休憩期間といった感じで、レンタル止めて、手持ちのDVDをレビューしようかって思ってました。
                でも、今週は、ツタヤ(レンタルショップ)が旧作100円週間だったので、思わず、いつもより多く借りてしまった・・(^^;
                ジャスト・マリッジ 特別編

                2003年の作品と言う事で、少し古いです。
                お互いに好き同士なのに、いがみ合って、喧嘩して、それでも、最後は、ハッピーエンドみたいな展開は、大好きでたくさん見てるので、流石に最近飽きてきました。(笑)
                でも、そんなありきたりな中でも、ちょっとしたお気に入りの場面があるかないかで、評価が変わってきます。

                この映画は、冒頭、新婚旅行から戻ってきた2人が、いきなり喧嘩しているシーンから始まります。
                ここで、グッと引き付けられる撮り方になっているのが、良いかなって思います。

                で、時間が戻って、出会い、新婚旅行前、新婚旅行中の話と、多少、今と話がクロスしながら進んでいきます。
                笑える個所が、何箇所かあるのですが、特に、レンタルしたちっさい車が、変なおばちゃんに崖から落とされるシーンと最初のホテル(だったかな)で、コンセントがあわないHなおもちゃを繋げて、ホテルの電源を壊しちゃうシーンが気に入りました。

                映画館で見るほどの大作ではないと思いますが、楽しいひと時を過ごしたい人には、良いんじゃないかなって思います。


                人気blogランキングへ

                さわり
                監督:ショーン・レヴィ
                出演:アシュトン・カッチャー (トム・リーザック)
                    ブリタニー・マーフィ (サラ・マクナニー)
                    クリスチャン・ケイン (ピーター・プレンティス)
                    ヴァレリア (ウェンディ)


                ラジオで交通情報のリポーターをするトムは、ある日サラと運命的な出会いをしてしまう。彼女は「超」が付くほど大富豪のお嬢様で、とても身分的に釣り合わない2人だった。が、燃え上がった恋の炎はもう誰にも止められない。そして付き合い始めて9ヵ月、トムとサラは両親の大反対を押し切り、ついに結婚することに。こうしてアツアツのまま旅立った新婚旅行。ところが2人は飛行機の中で早くもハプニングに見舞われてしまう。フランスのホテルに到着してからもトラブルは続き、おまけに結婚に反対する家族から送られた最強の刺客(?)サラの元カレ、ピーターが彼らに近づいていた。
                (Amazon.co.jp で続きを確認)

                ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
                人気blogランキングへ

                プレイステーション3が入荷!

                | ラブコメディ | 23:52 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
                プリティ・ヘレン (RAISING HELEN)
                0
                  鑑賞日:2006/10/31

                  こんな雰囲気のストーリーは好きなのだが、たくさん見すぎたせいか、ちょっと飽きてきた。(^^;

                  有能なキャリアウーマンが、ある時から、お姉さんの死によって、その子供ら3人の面倒を見る事になり、生活は一変。
                  仕事と子育ての両立を試みるが、早々に失敗して、仕事をお払い箱に・・・

                  まあ、こんな感じで、家族なんて関係ない感じのキャリアウーマンが、子供への愛情や自分のお姉さんとの姉妹愛。
                  子供たちを預けている学校の校長先生である牧師さんとの恋愛。そして、仕事場も、社員を家族のように思う社長に恵まれて、そんな、人間っぽい環境にどんどん成って行くって言う、そんな映画です。

                  何か、こういったパターンの映画って、多い気がします。少し違う部分で、その映画の味が出せるといい映画になって、味が出せないと平凡に成ってしまうのかな?

                  同じケイト・ハドソン主演の「10日間で男を上手にフル方法」も何となく似た感じですし、主演の女優はあまり綺麗じゃなかったけど、好きな映画の「ワーキング・ガール」。
                  この映画の男版?「世界で一番パパが好き!」「天使のくれた時間」この辺りも似てるかな?

                  まあ、こんな感じの映画が好きな人は、外れにはならない映画だと思います。

                  人気blogランキングへ

                  さわり
                  監督:ゲイリー・マーシャル
                  出演:ケイト・ハドソン (ヘレン)
                      ジョン・コーベット (ダン・ジェンキンス牧師)
                      ジョーン・キューザック (ジェニー)
                      ヘイデン・パネッティーア (オードリー)
                      スペンサー・ブレスリン (ヘンリー)
                      アビゲイル・ブレスリン (サラ)


                  敏腕キャリアウーマンのヘレン。ある日、彼女の姉夫婦が交通事故で他界してしまい、残された3人の子供を引き取ることになってしまう。一夜にして3人の子持ちになったヘレンは、慣れない子育てに悪戦苦闘し、挙句には仕事をクビになってしまうが…。
                  (DMM.com でレンタルしてみる)

                  ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
                  人気blogランキングへ


                  【楽天市場】即納!液晶テレビ&DVDレコーダー特集

                  | ラブコメディ | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ドクター・ドリトル3 (Dr. Dolittle 3)
                  0
                    鑑賞日:2006/10/13

                    ドクター・ドリトルの3作品目。実は、2は見たけど、1は見てないんです。
                    なので、1より面白いかは、分かりませんが、2よりは、面白かったかな。

                    今回のは、「エディ・マーフィー」は、まったく出てきません。
                    写真ぐらい有っても良さそうだったけど、多分、映画内何処にも出てなかったと思う。

                    動物と話が出来る、ドリトル先生の娘マヤの話。
                    なので、動物と話が出来るってぐらいの繋がりは、あるけど、まったく別物の映画と思ってみた方が良いと思います。

                    マヤは、動物と話が出来る事で、周りの同級生からは、変な目で見られ人気度が下がっていた。
                    悩んでいるマヤを、母は、無理やり牧場へホームステイさせ、荒治療する事に。思惑通り、マヤは、徐々に牧場や牧場へ一緒に来た仲間とも親しくなっていった。
                    しかし、牧場の経営が思わしくなく、牧場の動物たちは、売られてしまう事に・・・。そして、動物たちは、マヤに救いを求めるのだが・・・・

                    そんな感じで、動物たちとの愉快なやり取りや、牧場へ来た人との友情の話、そして、牧場主の息子との恋の話と内容も盛り沢山で、割と楽しませてくれました。

                    まあ、話的には、想像通りに話が進んでいく、ありきたりな感じもしますが、逆に型にはまったハッピーエンドで、安心してみていられる青春映画って感じかなと思います。

                    人気blogランキングへ

                    さわり
                    監督:リッチ・ソーン
                    出演:カイラ・プラット
                        クリステン・ウィルソン
                        ジョン・エイモス


                    周りの友達と同じように、お洒落だって、恋だってしたいし、パーティーに行って踊りまくりもしたい。そんな少々遊びすぎのマヤが、ある日交通事故を起こしたあげく、黙ってパーティーに出かけたことが両親にばれてしまう。
                    (Amazon.co.jp で続きを確認)

                    ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
                    人気blogランキングへ
                    ドクター・ドリトル3

                    留学するならMac&iPodが絶対便利。

                    | ラブコメディ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
                    B型の彼氏 (MY BOYFRIEND IS TYPE-B)
                    0
                      鑑賞日:2006/10/2

                      今日は、韓国映画の「B型の彼氏」。この手のパターンの映画は、好きです。(笑)

                      偶然に出会った「ヨンビン」の事を、運命の出会いと信じる「ハル」は、彼に惹かれていく。しかし、「ヨンビン」は典型的なB型で、自分勝手なやつだった。

                      まあ、こんな感じの話で、最後は、思ったとおりのハッピーエンドで、特に、際立った部分とかは無い。(^^;
                      ちょっと前に見た「英語完全征服」にのり的に似てる部分があり、最後は、どうせハッピーエンドだろうなって、安心してみていられるようなそんな映画だった。

                      映画館でお金出してまで見るタイプの映画じゃないと思うけど、軽い気持ちで、サラッと見るには、面白いと思う。

                      主役の女の子は、そんなに美人系では無いけど、何かほっとけないって感じの子だった。
                      でも、従妹役の「チェヨン」は、かなり個性的で、いい味出してました。

                      それにしても、B型の男性をかなりむちゃくちゃ言ってましたが、怒られないのかな?

                      人気blogランキングへ

                      さわり
                      監督:チェ・ソグォン
                      出演:イ・ドンゴン (ヨンビン)
                          ハン・ジヘ (ハミ)
                          シン・イ (チェヨン)


                      女子大生ハミは、運命の出会いを待っていた。しかし、間違いメールの相手ヨンビンを自分の王子様だと思い込んでしまったハミ。彼は「女性が恋人にしたくない血液型第1位」であるB型の男だった。マイペースで気まぐれな彼の予測不可能な行動に振り回される几帳面で慎重なA型のハミは、彼との関係に疲れ果てて、ついに別れを決意するが。
                      (Amazon.co.jp で続きを確認)

                      ブログランキング、押してもらえると嬉しいです。
                      人気blogランキングへ
                      B型の彼氏 スタンダード・エディション

                      Apple Store 特別限定販売製品

                      | ラブコメディ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(5) | - | - |